<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ケープコッドの潮風

”英語と日本語とでは言葉の響きが異なるばかりか、言葉が抱える実体も異なるでしょうから、私の言葉が、私が皆さんに言わんとするところがどのように響くのか、知る事が出来ればと思います。”

私へのアンサーが書いてありました。

ぐうぜん図書館で手にした本のタイトルは「ケープコッドの潮風〜あるナチュラリストのケープコッド」。著書の、ネイチャーライターであるロバート・フィンチ氏が日本語版序文に寄せた言葉の中にそれはありました。

世界は淡く、淡く混じり合っている。神様の指先で、この世に見える現象も、見えないものも、くるくると絵の具を混ぜ合わせるように、美しい色合いを醸すように混ぜられ存在している。

ある日、ハッとして受け取ったそんな閃きが、気になっていました。

”地上の何百万という種が、形態や行動が異なってもディオキシリボ核酸分子という共通の遺伝子を共有しているように、国家は、文化や言語が異なってはいても、共に自然界に全面的に依存し、そこから喜びを得ているのです。オークを日本語に訳する必要も、鶴を英語に訳する必要もないのです。〜”本文序文より。

OakはOakであって、日本での便宜上の訳語には、”Oak”という言葉が醸す厚みや背景、それを母語としている人が抱くメッセージはきっと表せないように、鶴、ということばもほかの国の言葉で、同じ種の動物の名称はあるにせよ、私たちがその言葉を口にしたときに抱く”何か”はやはり私たちにしか言い得ないもの。

あるがままで在ることへの敬意とそれを受け入れることの寛容さ。そしてその困難さ。それでも、近しく接している薄紙のような部分を重ねて重ねて重ねて、私たちはお互いを理解していくのかな。一人ひとりが抱える実体は異なるけれど、醸す何かを感じ取って、響き合うように出来ているんだな。それは、人に対してだけでなく、動植物や物事、この世界で目に見えるものだけでなく見えないものに対しても。

世界が美しいと感じる一瞬です。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2015-02-23 10:24 | books | Comments(0)

Mさんへ、心からのありがとうを!

c0038170_18501945.jpg
素晴らしい方と巡り会わせていただいた感謝で、胸が一杯でした。
c0038170_18504390.jpg
約半年ほど前、里帰り出産で帰国されたおり、当店へご連絡をくださったMさんが、先週末新しい家族を連れてお帰りになりました。今回の日記は、Mさんに向けた感謝とお礼の手紙です。

週に何度かお届けをさせていただく間柄でしたが、毎回暖かい笑顔と優しいお気持ちが伝わるとても素敵なお客様でした。

お届けさせて頂くお弁当も、ご要望に沿ったものをいろいろと挑戦でき、日々試行錯誤・反省といつもの精進弁当にはない楽しさや発見、勉強がたくさんたくさんありました。

戻られる前週が最後のお届けでした。ご挨拶も兼ねていつものように伺うと、お玄関の扉を開ける彼女の腕には、とてもかわいらしい輝くような真新しい命がありました。きらきらと澄んでいて、夜明けのような美しい女の子。この子の栄養にもなりました、ありがとうございました、と仰られました。生まれる前から関わらせて頂いたんだ、、と胸が熱くなりました。

c0038170_18511468.jpg
最後の日、Mさんは贈り物を下さいました。取り急ぎの寄せ集めですが、、と恐縮されていましたが、どれも心のこもった素敵なものばかりでした。

Mさんからのお手紙を、待ちきれず帰りの車内で読ませていただき、涙が止まりませんでした。コツコツと続けている事を、ちゃんと受けとめて下さる方が確かに居る、本当に嬉しかった。誰に説明するでもない小さな事の積み重ね、相手の方にきちんと届いている!本当に本当に嬉しかったのです。

そしてわたしは、この方が感じてくださった事以上のことをして差し上げられていただろうか?純粋な気持ちで相手のためを思い、お仕事出来ていただろうか?振り返る事ばかりでした。そしてもっともっと上手になろう!と決意しました。

手紙の結びに、どうぞ遊びに来て下さい、と書いて下さったMさん。わたしは、帰り道にそのまま図書館へ寄り、Mさんの住む国の本をたくさんたくさん借りて来ました。ぜひ遊びに伺います。それまでにいろいろ調べてみます。歴史はどんなだろう。言葉もいくつか覚えたいな!ほんとうにありがとうございました。

またお会いしましょう!すこし大きくなったベビーちゃんやMさんご家族にお目にかかれますのを心より楽しみにしています!

好の
[PR]
by pieces_Yoshino | 2015-02-15 20:00 | Shonan & East daily | Comments(0)

人参たっぷりオートミールクッキー

c0038170_14443376.jpg

THE KITCHNに美味しそうなヴィーガンクッキーレシピが。
人参やナッツがたっぷりで中々おもしろそう。作ってみたくなりました。

"spiced carrot oat breakfast cookies"と長い名前の付いたクッキーの元ネタは、Heidi Swansonさんのレシピからでした。

Heidiさんの本は、私も大好きで良く眺めています。
c0038170_15253770.jpg
インスピレーションが欲しいときに美しい写真を見るような感じでしょうか。
c0038170_15262657.jpg
どう?素敵じゃないですか??
c0038170_15291317.jpg
そんな彼女のレシピからインスパイアされたTHE KITCHNでのレシピも、とても美味しかった!生地をまとめる油脂は、ココナッツオイルが指定されています。このオイルは20℃以下になると冷えて固まってしまうため、買って来た状態は勿論かっちかち・・・お湯で瓶の周りを温めて中身を取り出しました。
c0038170_15362191.jpg
融解、凝固を繰り返しても、ココナッツオイルの品質劣化はないそうです。
融けるとサラサラとした状態で、南国の良い香り。
手にちょっととってマッサージしたり。。

全粒粉とオートミール、レシピはいろいろなスパイスの指示がありましたが、手持ちのシナモンとオールスパイスの二つだけにして、くるみとレーズンを買ってくる代わりに、クランベリーやカシューナッツ、ドライパイナップルなども入ったトレイルミックスを加えました。

生地を大きくして焼きました。大きなお匙やアイスクリームスクープなどですくって天板に落とし、真ん中をすこし凹ませてから焼くと、いい感じ。出来上がりは、ふんわりしっとり。メープルの優しい甘さとココナッツの香りが後を引きます。時間がたってから食べる時はトースターで温めると焼きたてに戻ります。ブレックファスト、とタイトルしたのも納得の、朝ご飯にぴったりのクッキーでした。
c0038170_1544166.jpg

[PR]
by pieces_Yoshino | 2015-02-10 15:46 | sweets | Comments(0)

今年も、鬼打豆。

c0038170_1912656.jpg
あたたかく炒られて嬉し年の豆 高浜虚子

カラカラと鍋で炒った香ばしくて温かい大豆を、年の数食べる。
子供達は止まらずポリポリ、年長者はほどほどに、、、

そんな様子を想像してしまう温かい句です。

二月の黒猫では、
お弁当に鬼打豆を入れたごはんを時折お出ししています。
丁寧に焙じた寒川産津久井在来種の大豆を一緒に炊いた豆ご飯。
少しの塩を入れて薄味をつけています。

今月はかなりの頻度でこの鬼打豆入りごはんが出ますので
節分気分をまだまだ味わいたい方はぜひどうぞ^^

お弁当ご注文は営業日前日のお昼頃までに
お電話 090−4625−8907
メール kuroneko.shonan0467@gmail.com


お問い合わせなどと合わせまして、承っております。
定休日でも返信はしておりますので、ご連絡はお気軽にどうぞ。

黒猫の精進弁当は、一個 750円(税込み・配達代込み)。
2個からご注文をお受けしております。
ご注文をいただきまして、お届け先への配達です。
また、当店は昼営業のみとなっております。
配達範囲は、
寒川町と寒川町寄りの茅ヶ崎市、平塚市、藤沢市、海老名市近辺です。
上記範囲内でも、お届け先までの距離が当営業所より遠方の場合、
多めにご注文いただくか、お断りすることもございます。

ご相談ください。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2015-02-08 19:16 | お弁当 | Comments(0)

トゥワイスさんで、忘れな草のお話を知る

心がキュッとなるような素敵なお話を知りました。

王由由さんとパートナーの田中庸介さんのショップ・トゥワイスさんの2/6の日記に
忘れな草についての素敵なお話が載っていました。

名前を忘れてしまった小さな青い花は、
わたしたちのように感じました。
神様から創られた私たちは、
じぶんが持つほんとうの名前を忘れてしまったのだなあ、なんて。

神様はどんなときでも寛大だけれど、
でも、どんなときも、
”わたし”を、そして、
じぶんがどこから来たのかを決して忘れてはいけないよ、
そんなふうに言われたのかもしれないな、

素敵な逸話から想像を膨らませて
心がキュッと、嬉しいような熱い気持ちになりました。

小さな青い忘れな草が申し訳なさそうに小声で詫びるさまが目に浮かぶようです。
純粋で愛に満ちた存在。
私たちの奥深くにある大本ではないでしょうか。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2015-02-07 00:17 | Shonan & East daily | Comments(0)

むすんでひらいて

心が閉じているときは、掌をむすぶよう。
心が大きく外へ向かっているときは、掌がひらいているみたい。

ここしばらく前から、じぶんの心の動き方の観察を続けています。
嬉しいとき、楽しいとき、悲しいとき、困ったとき、イライラしたとき、
表現しようがないような感情のとき、等々。。

どんなきっかけが、わたしをそうさせるのかな。
どうして、そう思ってしまうんだろう。

嬉しいのは、ただ嬉しいから、でいいのかも。
もう一歩踏み込んで、
きっと、この方の笑顔のきっかけを作れたから嬉しいんだ、
とか、
喜んでもらえる事を出来たじぶんに自信が持てて嬉しいんだ、
とか、
自信が持ててじぶんを認めてあげられるから嬉しいんだ、
とか、ね。

踏み込むと、
多くの場合、お恥ずかしい事ですが、
さいごは、”認めてもらいたい”に行き着きます。
大人になっても、
じぶんをただ優しく認めてあげること、
それが出来ない事が多かったからかな。
それ以上のことは、まだ解りません。

Yes、と言ってあげること。
きっと、身内や近しい人たちだけでなくても、
通りすがりや、ほんの一時の間柄でも、
相手やじぶんにYes、そうだねと心から言ってあげられるなら、
きっと、相手やYesと言ったじぶんは、
なにかをやさしく受け取れるのかな、とおもいます。
こころの奥の深い所でそれを受け取るんじゃないかな。

観察で気づいた事がありました。

じぶんは思っている以上に
心の掌をむすんだりひらいたりしていること。

大切に思ってくださる方々へも、
袖触れ合うだけの方々へも
おとなにもこどもにも、
分け隔てなく心をひらいてお付き合いさせていただくことを
いま取り組ませていただいています。
心からこころをひらくって、存外に難しくて、
じぶんのエゴの大きさを痛感します^^;

もうひとつ気づいた事は、
ひらいたじぶんの掌は、
おもいがけず温かくて、柔らかくて、いい香りがしました。
日なたの匂い?

掌にのせた小さなものは、
だれでもきっと優しく大切に心を込めて可愛がってあげるのではないでしょうか。
掌にのった小さなものは、じぶんの命かもしれません。

むすんでいた掌をひらいた仕舞いは、その手を天(うえ)に。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2015-02-04 11:55 | たいせつな場所 | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧