<   2013年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

食べてもらいたい人がいる。

c0038170_2123894.jpg
先日、よそのお店さんの菜食弁当を頂く機会がありました。

玉子とシューマイが入っていたので、
完全菜食ではなく、ほぼ菜食といったところでしょうか。
おかずは全て美味しくいただきました^^

こういうものを、今の時期は入れてるんだな、とか、
こんな味付けするんだな、とか。仕事目線で。
参考にさせて頂こうとの魂胆です。

お弁当を試してみたいとのご予約を頂く際、
お客様にお伝え出来る雰囲気であれば、
食後のご感想やご意見をお知らせいただけるようお願いしています。

当店のお弁当は、「精進弁当」とさせて頂いている通り、
肉・魚・乳製品などの動物性食品不使用、というルールがあるため、
どなたもが気に入って下さるようには出来ていませんが、

たとえば、

火野正平さんが、こころ旅で出かけた旅先のどこかの野っぱらで、
ごろりとしながら、お腹空いたー!と開けてパクパク頬張るような、
卵焼きや、唐揚げや、お煮染めなんかが入ってるごく素朴なお弁当のように、
素直に、うまそー!と思って食べてもらえるようなお弁当を作りたいです。

菜食していない人でも、普段食べているお弁当と同じような感覚で
食べてもらいたいって思ってます。
そういうイメージで、作っています。

判りにくい例えでスミマセン^^;

ですので、
出来るだけ頂戴したご意見やご感想を反映させていきたいと考えています。

じつは、ここだけの話ですが、
当店のお弁当を機会があれば是非食べて頂きたい方がいます・・・(照)

お一人は、

女優の羽田美智子さん。

もうお一人は、

同じく女優の中谷美紀さん。


いつかお届けに上がりたい方、トップ2です。
このお二人に、たとえば、時代劇の撮影の休憩中に、
カツラをつけたままで、パクパクと一息つけるような、
そんなお弁当をお届けしたい。
現場は太秦の撮影所を勝手に想像してますが、ってここは神奈川でしたね(汗)

もちろん火野正平さんにも食べて頂きたい!

さて、どうなることでしょう〜♪

こちらのお弁当詳細をご覧になりたいかたはどうぞ♪

***************

黒猫のお弁当は、玄米を軽く精米した分搗き米に、
地場産の湘南野菜(寒川町、茅ヶ崎市、藤沢市、海老名市)や、
海藻、豆類なども登場する完全菜食弁当です。
こちらで普段お届けしているお弁当をご覧いただけます。
日替わりのため、同じお弁当のお届けとはなりませんが、
ご注文の際の参考になさってみてください。

ご注文は営業日前日のお昼頃までに
お電話 090−4625−8907
Fax 0467−74−3293
メール pieces_xoxo@hotmail.com

お問い合わせなどと合わせまして、承っております。
定休日でも返信はしておりますので、ご連絡はお気軽にどうぞ。
またお集りなどで日曜に配達ご希望の方は別途承ることもございます
こちらもどうぞご利用ください。

黒猫の精進弁当は、一個 500円(税込み)。
2個からご注文をお受けしております。
ご注文をいただきまして、お届け先への配達です。
配達範囲は、
寒川町と寒川町寄りの茅ヶ崎市、平塚市、藤沢市、海老名市近辺です。
上記範囲内でも、お届け先までの距離によりましてはお断りすることもございます。
ご相談ください。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2013-05-26 22:28 | お弁当 | Comments(0)

「世界の食べもの」シリーズを手に入れる

c0038170_183499.jpg
朝日新聞社から週刊発行されていた「世界のたべもの」シリーズ。

先日の鎌倉散策の折り、偶然通りかかって入った素敵な古書店で手に入れました。

1980年代前半に全14巻、140冊出したようです。

手に入れたのは、この二冊。
世界の食べもの:東南アジア1〜食事文化、果物、野菜
世界の食べもの:日本編〜郷土の料理⑨京都

中の写真も雰囲気も80'sですが、
行事、しきたり、農産物などは変わらず営み続けられるものですが、
食事様式やその内容は今とのギャップもさほどないように感じます。

なにより、いま読んで、すごいなー!!と熱くなるのは、
食べものシリーズの監修・編集に携わっている方々の豪華さ!!!!

c0038170_18493448.jpg
編集委員は石毛直道さん、辻静雄さん、中尾佐助さん、奥村彪生さん、熊倉功さん、團伊玖磨さんら・・・

顧問には、飯田深雪さん、小野正吉さん、陳建民さん、辻嘉一さん、土井勝さん、村上信夫さん、湯木貞一さん。。。

このお歴々のすごさを共感していただける方、きっといらっしゃると思ふ・・

東南アジア1、表紙は袈裟姿のお坊さまたちの食事風景ですよね。
アジアの、仏門に入られている方々のお食事内容が載っているわけではないのですが、
米や野菜、魚類をよく食べる東南アジア地域に親近感を寄せて。

郷土の料理⑨京都、執筆者が大村しげさん、秋山十三子さん、平山千鶴さんと、
私の大好きな本、京のおばんざい〜四季の味ごよみ〜の、
著者でもあります。それもあってのチョイス。
一年を通じた京都の風習、食文化、おばんざいが紹介されています。
さむい時期でしたらあず(小豆)のおかいさん、
今ならさばずし、もう少し暑くなったらきゅうりのどぼ漬け(ぬか漬け)、
暮れの冬至のおかぼ(南瓜)の話・・・

今でも普段食べているものばかりですよね。

何十冊もあるなかから選びました。
ほかにもこれと思うものが沢山あったのですが、
次に来る楽しみにとっておきました。
なにより1冊100円でしたので(嬉)、その気になれば大人買い出来そうです^^
[PR]
by pieces_Yoshino | 2013-05-23 19:34 | books | Comments(0)

鉄砲和え〜からの〜おてっぱい

c0038170_2215050.jpg
葱や野菜類と魚、貝類の和え物。
ぬた、とくにツンと辛みの効いた芥子酢味噌で和えたもののことを
京都では鉄砲和えと言うことがあります。

鉄砲とな?なぜに?。。
きっと、鼻を抜けるような芥子の清涼感からかな?と思ってみたり。
鉄砲和えという呼び名が気に入って、
お弁当の献立にも、芥子酢味噌和えをそう書いています。

そして、方言て面白いですね。
ころがってころがって、

おてっぱい。

わかりますか?

てっぽうあえ→てっぱい→(丁寧語の「お」をつけて)おてっぱい。
私も、秋山十三子先生にならって、
これからは芥子酢味噌和えは、おてっぱいと呼ぼうと思います^^

きょうのお弁当に、茗荷竹と若布のおてっぱいを入れました。
もちろん芥子は自分でかきますよ。香りが違います♪
酢味噌はコッテリとろーり絡むのが理想ですが、それは家の食卓向け。
お弁当には、もうすこしあっさりと仕上げてあります。

こちらのお弁当詳細をご覧になりたいかたはどうぞ♪

***************

黒猫のお弁当は、玄米を軽く精米した分搗き米に、
地場産の湘南野菜(寒川町、茅ヶ崎市、藤沢市、海老名市)や、
海藻、豆類なども登場する完全菜食弁当です。
こちらで普段お届けしているお弁当をご覧いただけます。
日替わりのため、同じお弁当のお届けとはなりませんが、
ご注文の際の参考になさってみてください。

ご注文は営業日前日のお昼頃までに
お電話 090−4625−8907
Fax 0467−74−3293
メール pieces_xoxo@hotmail.com

お問い合わせなどと合わせまして、承っております。
定休日でも返信はしておりますので、ご連絡はお気軽にどうぞ。
またお集りなどで日曜に配達ご希望の方は別途承ることもございます
こちらもどうぞご利用ください。

黒猫の精進弁当は、一個 500円(税込み)。
2個からご注文をお受けしております。
ご注文をいただきまして、お届け先への配達です。
配達範囲は、
寒川町と寒川町寄りの茅ヶ崎市、平塚市、藤沢市、海老名市近辺です。
上記範囲内でも、お届け先までの距離によりましてはお断りすることもございます。
ご相談ください。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2013-05-22 22:47 | お弁当 | Comments(0)

ごはんの夢

大きな手術をしたとは、聞いていて。

何が原因?どうしてそんなことになっちゃったの?

あれこれ訊ねずにはいられないけれど、

いまはもう大丈夫って言葉を素直に信じるだけ。

聞けるのは、

「経過はどう?」

これだけ。

術後の治療のためにモルヒネを使っていて、眠くなるらしい。

不思議なのは、

病院で、痛み止めの治療を受ける間の、

その眠りの世界を行ったり来たりしているときに、

私のごはんの夢を見たって。たくさん見たんだって。

ごはんの夢・・・??

わたし、ごはんを作ってあげたことなんか、数えるほどしかないよ・・?

でも、痛みを和らげるその最中に、

たとえ夢の中でも、

その美味しいと思ってくれたごはんが、あなたを癒す手助けをしていたのなら、

こんなに嬉しいことはない。

良い兆しが、夢として出てきたのかな。

ほんとのことはわからない。

その兆しが、どうぞ善き道へお導きくださいますように。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2013-05-20 15:00 | たいせつな場所 | Comments(0)

きょう見えたもの。

c0038170_22255381.jpg
けさの日曜美術館は、瀬戸内のアートシーン。
中谷美紀さんが直島を旅されていました。

キッチンの開け放した窓から見える庭は緑が滴るよう。
トーストを齧りながら、鎌倉へ絵を見に行こうと思い立ちました。

ギャラリーのある鎌倉は今の時期は緑がとても美しいだろうな。
庭の緑と、鎌倉の緑が繋がってるような気がしたのでした。

きょう目にしたものはほんとにたくさんあって、

きょう見えたものもたくさんありました。

本をバアッとめくるように思い出そうとすると、

谷戸の緑と、由比ケ浜の海色と、

ならまちを思い出させるような大町の家並み。

道を埋め尽くすたくさんの観光客。

カラー写真のそれらを埋めるように、

手に入れたポストカードの匂い、
お店さんで交わした言葉、
連バイで売られてた初夏の野菜たち、
アイスコーヒーを飲みながら、なに話そ・・って思案したり、
変わらず続けてくことの何かが見えたり、
ここが好きなんだってトコロへ、
偶然訪ねた本屋さんで手に入れた雑誌に思い出させられたり、
我侭癖のある思考がまた少し出てきたり(土をかぶせときました)、、、

思いがけず、心に見えたものがたくさんあって、
小さなシンクロニシティがたくさんあって、
なんだかあっというまの数時間。

急な誘いに乗ってもらったことにも感謝。

さあ、今週も充ちるように過ごしてこう☆
[PR]
by pieces_Yoshino | 2013-05-19 23:11 | Shonan & East daily | Comments(0)

長芋をお漬け物に。

c0038170_1156369.jpg
先日十五日にお届けしたお弁当です。
黒猫では、おついたちと十五日は、小豆を入れたあずごはんをお出ししています。

そろそろ梅漬けのシーズンが到来しますね。
お店では氷砂糖や焼酎、お塩、漬け物樽など、目立つ所に見かけるように。
梅干しを漬けるので、そろそろ梅の時期になるんだなあ、と嬉しくなります。

梅干しを付ける方にはおなじみの梅酢。
たっぷり上がったものを瓶にとっておいていますが、
お漬け物にも、いいですよね。

お弁当で酢の物や香の物替わりに、時折、長芋の梅酢漬けを入れています。
松本光司先生の御著書「穀菜和食」にも載っています。
作り方は簡単で、精進だしか、なければ水と梅酢を半々で割ったものに、
やや厚めの短冊に切った長芋を1時間ほど漬けるだけ。おしまい。簡単・・・

1時間でも十分漬かっていますが、
試しに食べてみて、好みの加減で引き上げてみてください。
長く漬け過ぎると辛くなるようです。

梅酢はアクの色止めにもなるので、時間がたっても真っ白。
赤梅酢を使うとほんのりピンク色に染まります。
私は白梅酢をつかっていますので、白いまま。
塩気と酸味が、シャキシャキの長芋によく合うように思います。

夏向けの漬け物です^^

こちらのお弁当詳細をご覧になりたいかたはどうぞ♪

***************

黒猫のお弁当は、玄米を軽く精米した分搗き米に、
地場産の湘南野菜(寒川町、茅ヶ崎市、藤沢市、海老名市)や、
海藻、豆類なども登場する完全菜食弁当です。
こちらで普段お届けしているお弁当をご覧いただけます。
日替わりのため、同じお弁当のお届けとはなりませんが、
ご注文の際の参考になさってみてください。

ご注文は営業日前日のお昼頃までに
お電話 090−4625−8907
Fax 0467−74−3293
メール pieces_xoxo@hotmail.com

お問い合わせなどと合わせまして、承っております。
定休日でも返信はしておりますので、ご連絡はお気軽にどうぞ。
またお集りなどで日曜に配達ご希望の方は別途承ることもございます
こちらもどうぞご利用ください。

黒猫の精進弁当は、一個 500円(税込み)。
2個からご注文をお受けしております。
ご注文をいただきまして、お届け先への配達です。
配達範囲は、
寒川町と寒川町寄りの茅ヶ崎市、平塚市、藤沢市、海老名市近辺です。
上記範囲内でも、お届け先までの距離によりましてはお断りすることもございます。
ご相談ください。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2013-05-17 12:20 | お弁当 | Comments(0)

レタスはさりげなく・・・

c0038170_20265138.jpg
いま市場ではレタスがたくさん出てますよ〜!
グリーンリーフ、玉レタス、サニーレタス。。とれたてのレタスは緑も冴えか。
バリバリッと命が漲った葉っぱの新鮮さが何とも言えません。(どうやって食べようか。ゴックン・・)

食卓ではサラダやスープ、炒め物など、メインを張れるとはいえ、お弁当にはやはり彩り役を務めてもらうことがほとんど。熱や塩を加えると水分が出て色が悪くなってしまうからです。

買い出しに行く市場では、町内の生産者さんの野菜が主なのですが、
レタスももちろん寒川町内産。そして私がよく選ぶのは井上さんのサニーレタス。
なぜかというと、この方、身内が借りている家の大家さんなんです(笑)。
お人柄も伺っているという親しみから、応援の意味も込めてレタスは井上さん。

今回は、ポテトグラタンの彩りに、井上さんのレタスを添えました^^

こちらのお弁当詳細をご覧になりたいかたはどうぞ♪

***************

黒猫のお弁当は、玄米を軽く精米した分搗き米に、
地場産の湘南野菜(寒川町、茅ヶ崎市、藤沢市、海老名市)や、
海藻、豆類なども登場する完全菜食弁当です。
こちらで普段お届けしているお弁当をご覧いただけます。
日替わりのため、同じお弁当のお届けとはなりませんが、
ご注文の際の参考になさってみてください。

ご注文は営業日前日のお昼頃までに
お電話 090−4625−8907
Fax 0467−74−3293
メール pieces_xoxo@hotmail.com

お問い合わせなどと合わせまして、承っております。
定休日でも返信はしておりますので、ご連絡はお気軽にどうぞ。
またお集りなどで日曜に配達ご希望の方は別途承ることもございます
こちらもどうぞご利用ください。

黒猫の精進弁当は、一個 500円(税込み)。
2個からご注文をお受けしております。
ご注文をいただきまして、お届け先への配達です。
配達範囲は、
寒川町と寒川町寄りの茅ヶ崎市、平塚市、藤沢市、海老名市近辺です。
上記範囲内でも、お届け先までの距離によりましてはお断りすることもございます。
ご相談ください。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2013-05-09 20:55 | お弁当 | Comments(0)

ブレない軸

心の底からじわじわと広がるような静かな興奮。
なかなか寝付けそうにありません。

お友達のライブ演奏を見に出かけた帰り、
すこしだけ寄り道をして、
大好きな珈琲店へお邪魔しました。伺うのはほぼ二年ぶりです。
ずいぶんと無沙汰をしてしまいました。

初めて伺った時同様、
変わらず、心の底から、来て良かったと思えるお店です。
きっとこれからもどんなときも、そう思うことでしょう。
帰り道は、いつも興奮冷めやらぬ思いを抱えて、すこしフワフワとした気分。
過ごした時間を振り返る愉しさは、お酒を飲んでもいないのに、酔うようです。

こんなにすごい人がいて、
その飛び切りの人が丁寧に(魂も込めて)いれる30ccのデミタスを、
私も自分の感性を全て委ねる気持ちで愉しむことができる、
そういう場所です。

飾らず、気取らず、穏やかに、真摯に続けるお仕事ぶりやお人柄が、
素敵な常連さんたちを引きつけられるのでしょう。

私は、ほかのお料理屋さんへ勉強のためにあちこち食べ歩く、
というようなことはぜんぜんしませんで(汗)。
こうありたいという理想のようなものが心の中にあるので、
あちこち伺うと、あれもこれもで自分の軸がグラグラッとしてしまう(弱っ!)
だから、
同じ料理からよりも、
ジャンルの違う(でもいつだって関心のある)コーヒーから、
ひらめきを受けることを、好んでしているのかもしれません。


[PR]
by pieces_Yoshino | 2013-05-05 00:24 | Shonan & East cafe | Comments(0)

ヨモギをお弁当へ忍ばせる。

c0038170_21461162.jpg
※ゴールデンウィークの祝日中も日曜定休ほかは普段通り営業しております。

きょうから五月です。黒猫では、おついたちはあず(小豆)のご飯の日。
ここ最近は筍を入れた色ごはんですが、今日はあずきを入れた桜ごはん。
生海苔を煮た自家製佃煮も添えてます。

そうそう、市場では春の山菜や野草がたくさん出てますが、
ヨモギも売られてるんですよ。
子供の頃、春になると隣家に住む友達のおばあちゃんが、
私たちを連れて近所にヨモギ摘みへ連れていってくれました。
草餅用。
ほおばると、ヨモギの青い薫りがして、淡い緑色で、
たっぷりきな粉をまぶして出してくれていたような気がします。
美味しかったな^^

実は昨日のお弁当に、ヨモギの天ぷらを入れました。
春らしい、野趣溢れる揚げ物です。
手に入れたヨモギはまだまだたくさんありますので、
よく洗って茹でたらしっかり水気を切り細かく刻んで冷凍。

きょうは、炊き合わせに白玉をヨモギ味にして添えました。
刻んだヨモギだけでは深い緑色は出せないので、
水で溶いたヨモギ粉末を少々。抹茶のように使って色を加えました。
ルックスは、麩帆さんの麩まんじゅうか、麩嘉さんのよもぎ生麩みたい・・・☆

春はじつに色々な野菜が手に入る、一番好きな季節。
作り手も日々愉しませてもらっています^^

こちらのお弁当詳細をご覧になりたいかたはどうぞ♪

***************

黒猫のお弁当は、玄米を軽く精米した分搗き米に、
地場産の湘南野菜(寒川町、茅ヶ崎市、藤沢市、海老名市)や、
海藻、豆類なども登場する完全菜食弁当です。
こちらで普段お届けしているお弁当をご覧いただけます。
日替わりのため、同じお弁当のお届けとはなりませんが、
ご注文の際の参考になさってみてください。

ご注文は営業日前日のお昼頃までに
お電話 090−4625−8907
Fax 0467−74−3293
メール pieces_xoxo@hotmail.com

お問い合わせなどと合わせまして、承っております。
定休日でも返信はしておりますので、ご連絡はお気軽にどうぞ。
またお集りなどで日曜に配達ご希望の方は別途承ることもございます
こちらもどうぞご利用ください。

黒猫の精進弁当は、一個 500円(税込み)。
2個からご注文をお受けしております。
ご注文をいただきまして、お届け先への配達です。
配達範囲は、
寒川町と寒川町寄りの茅ヶ崎市、平塚市、藤沢市、海老名市近辺です。
上記範囲内でも、お届け先までの距離によりましてはお断りすることもございます。
ご相談ください。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2013-05-01 22:19 | お弁当 | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧