<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

小松菜の陰陽

買い出しにわいわい市へよく行くのですが、
昨日の雪のせいか今日のわいわいはおちついた感じです。

売り場には小松菜やほうれん草、かぶ、白菜、ネギ類がたくさん。
いくつもの農家さんがそれぞれ品出ししているので、同じ野菜でもやはり家ごとの違いがあります。

さて小松菜を買おうと手に取ると、その農家さんのものは①すらりと長め。色もあっさりと素敵な緑です。根も落として綺麗にまとめてありました。
それではといくつか出ているものを見比べていたら、反対側の棚にあったものは丈が②ぐっと短く、葉は厚みがありました。色も深く濃い緑で、根っこがぐんと伸びているまま束ねてありました。

ものには拡がる性質▽と縮まる△性質があり、これを陰陽というのですが、
この①と②の小松菜をそれぞれ比べると、①は陰で②が陽だということになるでしょう。

冬は、体を寒さから守る必要があるので、拡がる(拡散・冷える)性質のあるものより、縮まる(凝縮・あたたまる)性質をもつものを選ぶのがいいですよね。

この時期なら①を選んでも、たとえば、おじゃこのような動物性で温まる効果のある素材と一緒に炊いたりするとバランスがとれる。

小松菜を茹でたあと、湯を切って醤油洗いして冷ますと、あとは包丁してちょっとすり胡麻かけたり、厚揚げの炒め物に入れたり。いつもそばにあると安心する野菜。

こういう直売場へ足を運ぶたび思うのですが、いついってもとても賑わっているんです。
茅ヶ崎の海辺の朝市や以前住んでいた横浜のJA直売場、葉山の朝市も名物ですし、神奈川県内では毎週あちこちで産直の野菜売り場が賑わっています。

そしてみなさん何人家族??というくらいたくさん買っていかれています。採れたてのピンピンした元気野菜をみたら私だってあれもこれも!になります。スーパーで買い物ももちろんしますが、やっぱり地元のとれたて野菜を手に入れたいし楽しみたい。農業はもっともっと栄えるし私たちも支えていくことが出来るんだ、って感じます。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2011-02-15 17:40 | 湘南&東 日々のこと | Comments(0)

なぜ安いんだろうね

駅近くのスーパーへ買い物に行ったときのこと。

メキシコ産の南瓜が100g100円以下の特売でした。
南瓜の補充をしていた店員さんがお客さんに、
「ほんとは国産の方が美味いんだけどねえ、売れないのよ、高くてさ」

自分の国でとれた野菜を美味しさや、安全で選びたいのに。

値段が安い、ということで、遠い外国で栽培経緯も分らないものを選ぶ、今。

ふと思いました。

なぜ日本からあれだけ遠く離れたメキシコで収穫されて、貨物輸送され、はるばる日本に運ばれて来たというのに、私たちのごく近所で栽培されるものよりも、安いんだろう??

どうやったらそんなにも安く栽培することができるんだろう??

なぜ、を知った上で選ぶ南瓜と、なぜをなぜ、のままで選ぶ南瓜があるなら、

私は知って南瓜を選びたい。

たとえ南瓜100gでもそれは未来の自分を選択してるはずだから。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2011-02-09 21:29 | 湘南&東 日々のこと | Comments(0)

おうちで出来るみそ作り

c0038170_16483238.jpg
先週、家で味噌を仕込みました。出来上がり約4キロ分。

自由が丘の京料理・竹生さんの敬子ママから教わったのが初めて。あれから昨年、ヤマキさんの味噌作り講座でみんなと作業しましたが、今回は全て独りで。

仕込みの段取りを思い出しつつ、コトコト大豆を指先でむにゃりと潰れるようになるまで茹でていきます。
肉挽き機もポテトマッシャーも持ち合わせがないので、このたびはフードプロセッサーでビューンとやりました。早いし簡単〜。

敬子ママからの教えは、
いい材料を用意し、手順をしっかり覚えておくこと。
そして、味噌作りの割りは2:2:1。

大豆(茹でる前のもの)2、麹2、塩1です。
今回は、大豆は地元・寒川町産のものをわいわい市で。麹はオーサワの乾燥麦麹。塩は赤穂の天塩です。

豆を茹でている間に麹と塩を良くまぜておき、味噌を詰める樽を酒で消毒。
熱いうちに豆をつぶし、塩麹、種みそ少々とよく混ぜる。固いようならば残しておいた茹で汁を少しずつ入れて加減。この種みそ、ヨーグルトを自家製するときのように、種菌としての働きをするんでしょうね。なので、市販の酒精を使って急いで作った味噌ではなく、敬子ママからもらった自家製味噌を種みそに使いました。

あとはよく混ぜた味噌の赤ちゃんを丸めて球にし、樽へ打ち付けるようにぽんぽん詰めて、一番上をならしたら、少し分けておいた塩をまんべんなく振ってラップで落としぶた。

重しをして、新聞紙などでカバーし、夏頃の天地返しまでお休みしてもらい、秋頃食べ頃です。

家の近くでちょうど菜園の区画募集をしていまして、申し込んでみようかな!?と考え中。
そうです。大豆を育ててみようか・・・と思っているのです v^ー^v

自分が暮らす土地で出来た大豆で自分で味噌を作り、それを家族や仲間に食べてもらう。
自己満足かもだし、大した量じゃないし、なんだかちっちゃいことだけど、これってすごく自分にとって大切なことになる、そう感じています。

さてさて、味噌作りはとっても簡単で愉しくて、そして美味しい冬の手仕事だということが今回の実感。

妹は柚子酒作りを楽しんでいます。

もうしばらくしたら、今が見頃の梅の花も匂うような愛らしい実をつける頃。
梅仕事の季節がやってきます。

伝統食なんてくくらずに、食べたいからこしらえる。それだけでもう十分かなあ。

ぜひたくさんの人に始めてもらいたいです。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2011-02-06 17:24 | 湘南&東 日々のこと | Comments(0)

flickrにて

ケータリングやお弁当の写真をflickrで少しずつのせていこうと思います。

ブログ画面左上の、黒猫HPの案内下に
flickrのバナーを貼りました。料理の写真だけでなく、なんてことないあれこれも一緒。

良かったら見に行ってみてください。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2011-02-03 22:08 | お知らせ | Comments(0)

百万遍の手づくり市

c0038170_1945569.jpg
半月ほど前ですが、恒例の上洛。

今回は毎月15日に開催する百万遍の手づくり市が先月は土曜日だったので、ぜひお休みも兼ねて行ってみたかった。そしてブログを通じてお知り合いになれたが京都市内にお住まいなので、手づくり市散策でもいかがですか?とぐいぐい誘ってみた!のです。我ながら積極的〜(←迷惑・・・)

手づくり市が開く知恩寺は以前古本市でも訪れていたのですが、凍てつく寒さの中、まあ〜混んでるわ混んでるわ。でもにぎやかな方が愉しいね!

夢風庵さまにもちゃんとお会い出来ました。
目安の時間にいくぶん遅れて到着してしまった私に、優しいお気遣いが嬉しかったな。
とても気さくで優しい素敵な方でした。

その後、市の中をくまなく探検。私はフード系のブースをめざとく見つけてはチェックチェック。
マクロ系のお店もありましたよ。

ぱんとたまねぎさんで知って気になっていたテクノパンさんも出店していたそう。店の前を確かに通っていたのに・・気がつかなかった。ああ〜。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2011-02-01 19:55 | 京都&西 日々のこと | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧