<   2010年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

のっかる感じで

怖がらずに、受けとめる。

怖がらずに、受け入れる。そして流していく。

良い波にのっかる感じで。
すーっと浜辺へ流されるようで、でもきちんと流れにのっかって楽しむ感じ。

追い風にのっかる感じで。
ぐいぐいとペダルを漕いで、背中を押す風に急かされるようで、でも踏み込む力は自分加減。
風を捉えた鳥みたいに、神様の作る見えない世界の流れとともに地平線の先まで雪崩れるように飛ぶように進む感じ。

たぶんまた大きな起点になるだろう方達にお会いするはずの来週。

今はのっかる感じが愉しい。

怖がらずに受け入れて、そして左肩の後ろへさらりと流して、また次を待つ。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-06-26 22:31 | 言葉 | Comments(0)

アボカドトースト

c0038170_1959531.jpg
完熟アボカドで、こってり美味しいトーストができた!しかもとっても簡単。

ニンニクをこすりつけた薄めのパンに、ちょいちょい切った完熟アボカドをのせてトースト。
アボカドにはsalt&pepper。オリーブオイルをちょろりとかけておきます。

アボカドの表面がちょっとこげるまで焼くのが良いみたい。ただし、パンがこげるとがっかりなのでそこは加減。

チン、となったら、フレンチドレッシングで和えて味をなじませた玉葱のみじん切りをふわふわっとのせて完成。

カリッと焼けたトーストを齧るとニンニクの良い香り!ドレッシングを含んだ玉葱がジューシー♪

すっかり熟したアボカドがこってりとリッチな味で、上にのせる材料はたったの2種類だけなのに、ボリュームたっぷりで美味しいオープンサンドににんまり。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-06-26 20:12 | ベジごはんなど | Comments(0)

before the midnight color

c0038170_22163414.jpg
私は、どんな時も夜明けが好き、っていったら、

ゴールデンタイムが自分は好きだって教えてくれた。それは夕暮れ時の思いもよらない美しさを見せる瞬間を意味するらしい。

midnight colorという言葉も知って、それはうんとむかしのドラマのタイトルらしいけど、

ゴールデンタイムを経た空が移る色に思えて、私の大切な言葉の一つになった。

こんな夕暮れ時は、やっぱり甘くて、何かが起こらずにはいられないような、何かを起こさずにはいられないような、でも結局なにか出来ることなんかなくて、ただそっと日暮れてしまうのを口惜しいような、仕方ないような、愉しい諦めで、眺めてる。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-06-25 22:30 | 湘南&東 日々のこと | Comments(0)

今年も梅仕事

c0038170_11522197.jpg
今年も梅干し用の梅を4キロ漬けました。次の日曜日にまた1キロほど梅を譲っていただく予定。

そのままカプリ!と齧りたいくらい、完熟した南高梅。うっとり甘くていい香り〜♪

梅干しは日頃の食事に欠かせないけれど、それと同じくらい梅酢も重宝。
お寿司や和え物、漬け物等々いろんな塩梅に不可欠です。

やっぱり梅漬けは毎年欠かせない愉しいお仕事。

庭に咲く濡れた紫陽花や木々の緑を眺めながら梅を洗ったり、ヘタをとったり。
そんななんでもないようなことが本当に愛おしくて嬉しくて幸せ!

今日も一日、ニコニコ素敵な日にしていきたいですね。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-06-24 12:02 | 湘南&東 日々のこと | Comments(0)

バナナとカカオマスの酵母マフィン

c0038170_2048830.jpg
酒粕で酵母をおこしていたのだけれど、ちょっとお休みしていて冷蔵庫に眠らせたままだったので、冷蔵庫整理も兼ねて酵母ちゃんを使ってマフィンを焼いてみた。

材料は、酵母種と粉、メープルシロップ、きび糖、オリーブオイル、ココナツミルク、バナナにカカオマス、アルミニウムフリーのBP。どれも棚にちまちま残ってたあれこれ。
粉は薄力粉メインで、残りはちょっと余った強力粉、完全粉、米粉、オートミール。

いつものように混ぜるだけ、型に入れて焼くだけ。

焼き上がりは酵母ちゃんのおかげかふっくらしっとりで、いい感じ!!
BPだけだと、さめるとモソッとしがちだったけれどこれならいいね〜。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-06-23 21:14 | 甘いもの | Comments(0)

ツアー無期延期なんて・・・

大好きなアーティストが、8年ぶりにやっと新しいアルバムを出して、私たちはやっとまた彼の歌声を楽しめると思っていたのに。

なにがあったのかな?

彼がまた表に出て歌いたいと思うその時を、私たちは、温かく見守っていることなのだろうね。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-06-18 09:17 | お気に入りの音楽 | Comments(0)

Free Fallin'



この曲に出逢えて良かったなあって思った。

梅雨の晴れ間みたいな本日。今日もスマイルだなあ!

さて、週末のケータリング準備!!

みなさんも素敵な火曜日を♪
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-06-15 13:24 | お気に入りの音楽 | Comments(0)

私は共感します

九州でTAO塾を開く波多野毅さんが、
ご友人がされているMLに載っていたある詩を読んでとても感動したそうで、
それを今度はご自身のメルマガで紹介されていました。

わたしはそれを知人から教えてもらい、とても共感したので、ここにご紹介いたします。

以下の詩を読まれての感想は人それぞれだと思います。

人は他の生物と共生しているから、この世が美しいんじゃないのかな
他は自分であり、自分は他と同じで、
そして全ては一つにつながっているからこの世が美しいんじゃないかな。

私はそう思っています。

以下、ちょっと長いですが、転載記事となります。

************************************************
九州阿蘇小国TAO塾の波多野毅です。

先週末は、鹿児島そして広島と連続講演させてもらった。
広島では、アメリカKushi Institute時代の同期パトリシオとのコラボ、
かつて17年前に「いつかマクロビオティックで世の中変えよう!」と般若湯の
杯で乾杯した日を懐かしく嬉しく思い回した。

しかしながら、鹿児島から九州北上するドライブ中、何度か口蹄疫のための
車のタイヤの消毒を余儀なくされた。マスコミは、被害総額○○億円などといった
話題ばかりを流しているが、問題の本質をこそ見つめたい。

ここに、少し長いが、私の親友の鎌田陽司(NPO懐かしい未来代表)
が主宰しているMLで紹介された「詩」を紹介したい!

ーーーーーーー
「ぼくはうし」
そっぺ

ぼくは牛です

普段はしゃべることはできないんだけど
今日は特別に人間語を話せる魔法をかけてもらったんだ

今ね、日本の宮崎県っていうところで
口蹄疫という病気が流行ってるよね

ぼくら牛とか友達の豚とかヤギとかキリンとかシカとか…
足の爪が偶数に割れてる動物の間で感染する病気なんだ

自然界に生きる僕らの仲間が感染してもさ
大病にはならないんだけど
家畜として飼育されてるとさ
なんせ人口密度?家畜数密度?が濃いからさあ
すぐにドバーっと感染しちゃって

症状は口とか足とかが水ぶくれになって
食欲が落ちるから体重が減るんだよね
そしたら人間にとっては
肉質が悪くなるとかで価値が下がるみたいで
そうなると育てる意味がなくなるみたい
そして感染速度の速い病気だから
もう、殺すしかないんだって

一緒に住んでる仲間の1人でも感染してたら
全員殺されるんだって


もしも人間界でさあ
クラスに1人でもインフルエンザに感染したら
その学校の生徒全員殺します
社内で1人でもインフルエンザに感染したら
その会社の社員全員殺します
町内で1人でも感染者が出たら
その町の住人全員殺します
って決まりができたらどうだい?



ぼくらはそんな決まりの中で生きて、殺されていくんだ

もっとも、その理由で殺されなくったって
ゆくゆくはもっと恐ろしい目に遭うんだけどさ

ぼくらを育ててくれてる農家さんは泣くんだよ

ごめんな
ちゃんと育て切らないうちに殺してしまうことになって
ごめんな
怖い思いをさせて
ごめんな
元気なおまえまで巻き添え食わせて
ごめんな

って、涙を流して泣くんだよ。

その光景はきっと日本中の多くの人に
ぼくらのことをかわいそうだと思ってもらえたと思う

ぼくらはさ
どの段階が人間の言う
ちゃんと育ち切った状態なのか知らないけどさ

やっと一人前になったかなって思った頃に
突然トラックがやってきて
育ててくれた人に手を振って見送られて
知らないとこだけど恐ろしくて怖いってことは感じ取れる場所へ
連れて行かれて
怖くて足がすくんでると電気棒でお尻を叩かれて前へ進まされて
額に電気ショックを当てられて気絶して
目が覚めたら足の1本をヒモで縛られて逆さ吊りになってて
なんだよやめてくれよってもがいてもとれなくて
のどをズバッと切り裂かれて
血がどくどくと流れ出して
ぐるじい、、だずげで… と訴えてるのに
足とか腕をどんどん切り落とされて体がバラバラになっていって
意識はいつまでも残っていて…
こんな一大事なのに誰も助けてくれないし
育ててくれた人はもう知らん顔だし
日本中の誰もが知らん顔

みなさんにお初にお目にかかるのは
スーパーのパックの中

ちなみにどんなにバラバラにされても
意識はちゃんと残ってるんだよ
だれがどんな風にぼくらを飲み込んだのか
見届けてるんだ
胃袋の中に入って消化されたって
意識は残っているんだよ

まあそれは今はいいけれど

ともかく
そんな切ない最期よりも
育ててくれた人が涙する目の前で
血を出さずに殺されて
運がよければ焼いてもらえ
その手間がかけられない場合でも
ちゃんと埋葬してもらえる
手も足もくっついたまま埋葬されて
手を合わせてもらえるんだ
日本中の人からも
かわいそうね、って思ってもらえる

この病気で死ぬ方が
ぼくらにとっては穏やかな気持ちで成仏できるんだ


今回のできごとはさ
世界中にいるぼくらの仲間で話し合って
決めたことなんだよ

この方法しかなかったんだ

ぼくらの気持ちを伝える方法は
これしかもう思いつかなかったんだ

どんなにたくさんの人間たちに迷惑がかかろうとも
もうぼくらにはこれしかなかったんだ

ただ、わかってもらいたい一心だったんだ

日頃、ぼくらがどんなに悲しい思いをしているのか
ってことを…


だからおねがい

被害額がいくらだとか
損失がどうだとか
保障がどうだとか
畜産業がどうなるとか
他の業界への影響がどうだとか
責任は誰にあるのかとか

その心配をしながらでもいいです

どうか問題の本質に目を向けてください

いくら保障をしても
畜産農家を支援しても
地域を支援しても
募金をしても

問題の本質から目を逸らさないでください

人間という生物は本当に栄養学的に
ぼくらを日常的に食べないと生きていけないのか

ぼくらに対するこのような残虐行為が
人間どうしの争いに影響を及ぼしていることはないのか

ぼくらを食べるために飼育することは
地球の環境にとって最善なのか

地球上では全ての人に行き渡る充分な量の穀物があるのに
ぼくたちを養うためにそれが行き渡っていない
ということはないのか

ぼくらをこんな風に扱うことによって
人間としての魂の成長は得られるのか …


援助や募金をするのなら
畜産農家さんたちが別の職業につけるように
どうか支援してください

屠殺業者さんが別の職業につけるように
支援してください

精肉業者さんが別の職業につけるように
支援してください

ぼくらが家畜制度から解放されるように
環境を整えてください

ぼくらを食物として扱わない
新しい文明をつくる努力をしてください


ぼくにしゃべれる魔法をかけてくれてありがとう


ぼくらの気持ちをブログや日記、ツイッターなどで
伝えてくれている多くのみなさん
ありがとうございます

つたないぼくの話よりももっと詳しくわかる日記を
紹介しておきますので

どうか読んで考えてみてください

http://mixi.jp/view_diary.pl?full=1&id=1493900375&owner_id=7780041
空さん「口蹄疫と偽善者たち」

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1493731282&owner_id=9752956
ビンカさん「畜産農家の被害?【口蹄疫】


最後まで読んでくれて
どうもありがとうございました


ぼくはうしですそっぺ


追伸:
ひとつ言い忘れてたことがあったんだけど
というか、本当は言ってたんだけど取り消してたことがあるんだ
でも大切なことだからやっぱり言うことにしたよ

それはね

ぼくらは人間が大好きだってこと

ぼくらはね
人間が大好きなんだよ
人間のために働くことが大好き
重い物だって力持ちだから平気だし
退屈な作業だって飽きずにできる

一生懸命働いて人間の役に立って
喜んでもらってかわいがってもらえると
すっごく嬉しいしもっと役に立ちたいと思うんだ

ぼくらが人間にできない仕事をやって
人間たちがぼくらのお世話をしてくれるなら
ぼくらは死んだあと人間たちに
食べてもらうことも喜びのうちなんだよ
ぼくらをかわいがってくれる大好きな飼い主さんが
食べ物がなくてお腹を空かしているならば
ぼくは喜んでこの身を捧げるよ

ぼくらと人間はそういう関係だったんだと思うんだ

大好きな人のためなら死ねる

人間のみなさんもぼくらもその気持ちは同じだよ


長くなっちゃったね
読んでくれてありがとう

また魔法をかけてもらって
お話できたらいいな

ありがとう

うしより
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-06-11 08:08 | 湘南&東 日々のこと | Comments(0)

初挑戦なるか。。

いつもお世話になってる下北の美容室で、いつものスタイリストさんとあれこれおしゃべりしていると、最近ハマっている趣味でクライミングの話しに。

あ、もちろん私ではなく、スタイリストさんがクライミングを始めてハマっていると。

私も家のとっても近所に出来たクライミングジムに興味津々だったので、お話を伺っているとますます始めてみたくなりました!

団体スポーツが得意でない猫体質なため、やはり個人スポーツが好き。
自転車はなんだかんだで13年漕いでます。

だからきっとクライミングもいけそうちゃうんかな?

パタゴニアのカタログはいつもとても素敵な写真が載っているんですが、その中でもクライミングやボルダリングの写真があると、目が釘付け。

こんな厳しい大自然の中で自分の経験や智慧、神様からのご配慮を受けながらするスポーツは、素晴らしいな、と思うのです。

今月はなんだかんだあるので、来月、是非初挑戦してみよう♪
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-06-08 22:40 | 湘南&東 日々のこと | Comments(0)

へっころ谷でランチ

c0038170_16443210.jpg菜食ができるへっころ谷さんへ、初めて伺いました。ランチがお目当てです。

家から車で20分。寒川だと、とちゅうにあるごんぱちさんの方がちかいかな。
でも、今日は豊富なランチめにゅーがあるへっころ谷さんへ行きたかった!

私は七彩(なないろ)ベジタリアンランチ、一緒に行った妹は本日のランチでした。

車麩と高野豆腐のフライが美味!車麩はお醤油風味の下味が、高野豆腐は薄めのカツのように四角く切ってありカレー風味の下味がついていてさくさくしっとりボリューミー。とろろや味噌汁代わりのほうとうもついていて、全部平らげるともう満腹。。

妹のおかずも、ジャガイモと高きびのマサラ炒めがとても美味しかったです。

地元湘南のエコ情報やオーガニック情報も色々置いてあり、お店でも自然農の農業体験もたくさん企画しているようで、素敵なお店です。

ごちそうさまでした!
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-06-07 16:54 | 湘南&東 日々のこと | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧