<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

青の底へ

c0038170_21243617.jpg
とぷり、と沈みゆらゆらと底へ。

いつか成層圏へ近づくように、深い青の世界へ沈んでいく。

耳が少し痛む。

昨日の日付へ向かって飛ぶ飛行機から見える夜と朝の狭間の光。

眠る機内。日除けをそっと開け、小さな窓から、再び始める昨日が生まれる今その光を見つめる。

群青、漆黒、濃紺。ワインをすこし零して、白金。

酸素ボンベをつけたスキューバは嫌い。

ふっくりと息を溜め、するりと潜り沈み行く、やり方が好き。

自由にどこまでも潜ることはできないけれど、

限りある私の体を通してあなたに会うやり方だから、好き。

青の世界はそこにある。ここにある。

全てが私で、わたしがすべて。

わたしはあなたたちで、貴方は私。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-05-30 21:50 | words | Comments(0)

目の前に!

目の前に答えがあるよっ!

って、今日気づきました。

いっつも目の前にあるのに、ちっとも気づかないままだった。

気づかないフリをしてたのか?<自分。

今日はその気づきが、おしゃべりした相手のコの口を借りて。。

こりゃきっと、いい加減気づけ〜!と神様が業を煮やしたわけだね?

きっとね。

うっかりぼんやりしてたらなんにも気づかずあっというまに今世を去らなきゃならくなっちゃうわ。

ふう。

そんなわけで今夜はとっても良い夜でした。

ありがとね。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-05-28 22:48 | Shonan & East daily | Comments(2)

吹き抜ける風があって、仰ぎ見る緑があって。

c0038170_2049675.jpg同じ日差しと景色がまたやってきて、私はそれを味わえてとても嬉しい。

同じ日差しと同じ道と同じようなやりとりが図らずもまたやってきて、私はそれを味わって、なんだか複雑。そこには昔の私と今の私が同席中。

でも同じ同じといいながら、当たり前だけれどまったく違うそれらは、やっぱり私が歩いていく上で必要な出来事で、神様が用意してくださった出来事で。

早い時間のお参りで、お店屋さんは炭の火をやっと熾している所。お餅はこれから。

お旅所へお出かけ中の神様は今日の午後お戻りになるらしい。

それでも変わらず、鈴を振りご挨拶して、お参りする。

どっさりとした竹林のある参道をお山にむかって歩く。夏だねえ。

鳥居を抜けたら、左に折れて東のお山へ。

川向こうのパン屋さんへ、もくようとにちようだけ手に入る七穀パンを探しにいくよ。

今日はだれにあう?
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-05-26 21:11 | Kyoto & West daily | Comments(0)

ラマコーでポエトリーな夜

c0038170_226637.jpg昨夜はLama Coffeeさんでポエトリーリーディングのイベントを聴きに行きました。

湘南でリーディングのイベントを聴けるなんて!と告知前から予約しちゃうほど結構愉しみにしてて。

今回のゲストは村椿菜文さん。マーガレットプレスという詩の季刊誌も出しておられる素敵な詩人さんです。
ラマコーさんのすこし薄暗いゆったりしたカフェの空間にオレンジのスポットライトが優しい。

長いのやら短いの取り混ぜて読まれた詩は、村椿さんのおとぎ話を聞いているようで、あっと言う間の一時間半でした。とつとつと語る雰囲気が好ましかった。

もうだいぶ前にポエトリーリーディングのイベントを聴きに出かけたときは、随分アグレッシブなものが多かった。
難解で受け入れにくくて、う〜ん、芝居臭い?
でも読み方は自由。その人ごとのスタイルだから、どんな読み方でもいいんだけれど、まだ心が幼かった私は、背伸びしてそれらを楽しもうと無理してたみたい。

今は、そのときより少しは、マシかな。

写真はマーガレットプレスの今春号。製本も全て手作業だそうです。素敵に愛らしい栞や表紙が気になって、手元においておきたくて、一冊千円でしたが、手に入れました。
ほかにも手づくりの本で気に入っているのが、ぱんとたまねぎ。おもに左京区限定のパン屋さんやパンにまつわるお話がのった一冊500円の小冊子。「パン屋と本屋」の号をプレゼントしてもらったのがきっかけ。本屋にまつわる話しも好きなパン屋さんの記事も気に入ったけれど、こちらも装丁がなかなか可愛い。

手で作って外へ発信する。

パンも、本も、言葉も料理も。

素敵ね。愉しいね。
[PR]
by pieces_yoshino | 2010-05-22 22:13 | Shonan & East cafe | Comments(0)

5.22

一ヶ月以上も音信不通。でしたが、生きてます(にやり)

前回はチベット体操の感想で終わってましたね。

今も勿論毎朝続けてます。
回数をこなすやり方はきっと嫌になってしまうので、今は7回を最高に、呼吸を深くすることへフォーカスしながら続けています。
自然と早起きになり、朝の時間の愉しさが病み付きになっています。

チベット体操を続けながらのこの一ヶ月は、心情的にいろんな事がありました。

いろいろね。

いろんな人に助けてもらっています。当人達はそれに気がつきませんが、わたしはとても感謝してる。

ありがとうね、みんな。

明日は獨協倶楽部さんでマジックショウが開かれます。そのお手伝いスタッフとして、ショウ前のティータイム時のお菓子をケータリングします。

今回は封印していたバリッバリのノーマルケーキ。
ココアたっぷりのDevil's Food Cakeです。
フロスティングも勿論チョコレート風味。小さな一切れで十分のボリューム。

ショウを楽しむ前の余興になるといいな。

写真とっておくのを忘れないようにしておかなきゃ。
[PR]
by pieces_yoshino | 2010-05-22 21:30 | Shonan & East daily | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧