<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

cafe milletと大豆レボリューション

c0038170_11315550.jpg去年も暮れのお話。

静原のカフェミレットさんにお邪魔してきました。
隣町の大原に暮らすベニシアさんのご本を本屋で何気なく手に取ったのがきっかけの思いつき来訪。

c0038170_11321440.jpgのんびりとした山間の中、大きくて素朴なお宅では、暖かい薪の暖炉に大きな書棚が印象的でしたが、アンティークの家具やお父様やご主人が作られた作品など、日頃の暮らしと重ねて楽しむアートなものもたくさんありました。

c0038170_11322693.jpgそんなミレットでは素敵にほっとする菜食料理のお昼をたっぷり頂くことができました。
初めて訪れた私たちにも自然体で接してくださったオーナーご夫妻。
愉しい会話と大きな窓から見える刈りとり済みの休耕田、ツリーハウス、冬山etc。

日本の原風景とこれからの私たち日本人の食のあり方をしっかり見据えて活動しておられる樹里さんたちに、心もおなかもとても刺激を受けた時間となりました。

なぜ去年の出来事を今アップするかというと、

カフェミレットさんで教えて頂いた大豆レボリューションが、ここ湘南でもしっかり活動していると知ることができて、来月そのレボに参加されている湘南がんこばたけさんの手づくり味噌ワークショップに参加することにしたからです。

味噌は誰でも手づくり出来ます。味噌は毎日頂くものです。味噌は大豆と麹と塩と時間で出来ます。大豆を畑で、それも私たちが住む場所で育てたものを使って、それを毎日の食事に生かすことは何も、本当に何も特別なことではないと思います。

あたりまえのことに戻るだけ。

そういうことに今とても共鳴しています。

そうそう。写真はどれもカフェミレットさんで頂いた美味しい菜食料理。ボリュームたっぷりで、やさしい味付けが樹里さんらしいです。ほかにもスープ、デザート、煎りたて挽きたてのコーヒーも頂いておなかパンパンに。

帰りがけに樹里さんがかけて下さった言葉が「ゆっくり、焦らず、楽しんでやっていきましょう」でした。不思議とそのときの私の気持ちにピタリとしたのを覚えています。

市内からは車が便利です。是非、予約をして訪れてみてください。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-01-31 11:48 | Kyoto & West cafe | Comments(0)

脈絡なんて

論理的でありたいと思っている。

けれど、どうやら直感が優位になってしまうB型左利きの性分。

昨日久しぶりに寄らせて頂いたお知り合いのクレープ屋さんで、いつもの美味しいクレープとオーガニックコーヒーを頂きながら、久しぶりの四方山話。

オーナーさんは私の他愛ない質問や脱線話にいつも静かに耳を傾けて下さり、きちりと意見をお話し下さり、それがやはりいつも私の刺激になります。

その人の目になる感覚。

自分の意見を多角的に見られたらいいけれど、それはやはり他の人の意見と比較して気づくことが多い。

相手に自分が乗り移る感覚。

言葉足らずで感覚派な私は、時々相手に一を話して十の気づきを求めてしまうことがある。

それは相性みたいなもので、少し話して、この人ならそれが任せられると思うときは、話の具体的な本題からかけ離れた、本質まで事を飛ばすことがあって、フム、と受けとめて返してくれたりする。

そのときは前後の脈絡なんておかまいなし。本質が合致してそれを受け返しできればいいんだから。

でも、お互いに同じものを共有していると思いつつ、私の話している言葉と相手の話している言葉が、実は違う思惑を抱いて進んでいたとしても、それはそれで愉しいことだとも思ってる。離れていくようでまたどこかで交差する思葉。

そんな誰も気づかない、でもちょっとしたハプニングが日々のどこかに潜んでいるのも、それはそれでとても愉しいこと。

脈絡なんて、時々なくていいものなのです。きっとね。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-01-30 23:47 | Shonan & East daily | Comments(0)

コーヒーを飲み干したその後に

よく見ているサイトに面白い記事が出ていました。

コーヒーをいれた後の豆の挽きかすは、どうしているか?

ここには11のその後が載っていましたが、

卵白と混ぜて顔パックに使う、とか、蚤よけ用にペットのリンスに使う、とか、髪の毛の天然毛染め材として再利用、とかか私的にとても新鮮でした。効果はいかほどかは不明ですが。

私の友人はトイレに置いて消臭剤としていました。これは解る。

美味しいコーヒーを生み出し終わったあと、もうひと花咲かせてやりたいような気もしますが、習慣づけて豆かすを再利用することは私の性格からしてないと思われるため・・・

要はそのまま捨てています。

いつもありがとう。君たちはとっても美味しいよ。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-01-29 21:50 | Shonan & East daily | Comments(0)

はちはちInfinity Cafe

c0038170_23281829.jpg
c0038170_23285644.jpg猛烈に寒い京都の朝。宿の湯たんぽが心地よく、なかなか布団から出られない朝。曇り空は昨日の晴天とはうってかわって、芯から冷える空気を街一面に満たしていく。
前から行ってみたかった、千本通り沿いの一風変わったパン工房カフェ。西陣は歩きなれているけれど、このお店にはちっとも気がつかなかった。今日は、きちんと場所も調べて、とにかく暖かいスープにありつくために必ず訪れる!決意を持って。c0038170_23293310.jpg健康のためとか、そういったことは考えたことはないけれど、パンは不思議と噛みごたえのある茶色いものが昔から好きだった。全粒粉のものやライ麦でこしらえたパンが好きだった。もちろん今も。大好き。

はちはちInfinity Cafeはそんな味わいのあるドイツパンをこしらえるパン工房。

ストーブ三台もついているのに、寒がりの私はお茶を頂ける座敷でもがんがん燃えた一台の前に陣取りついでに膝掛けもたっぷり。お願いした本日のサンドイッチにはカレー風味の野菜スープ、はちみつを塗ったり良い香りのするバラ模様に削られたチーズをのせたライ麦パン、ブルーチーズで和えたほうれん草やサラミをのせたカンパーニュ。ふうふうしながら汁を啜りパンを頬張りストーブの熱に体を温める。

オーナーさんのピリっとした仕事ぶりに、のんびりした気分と、すっと居住まいをただしていようと思う気持ち半分コの不思議な空間。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-01-28 23:53 | Kyoto & West cafe | Comments(0)

京 花背 摘草料理

京都市内から車で約1時間ほど、花背にある美山荘3代目の中東吉次さんが出された、摘み草料理の本です。

これを手にしたのは一昨日寄ったcafe bibliotic Hello!の大きな書架から。

もうなかなか手に入れられない貴重な本のようです。吉次さんはすでにお亡くなりになっておられますが、弟さんの中東久雄氏が銀閣寺のほどちかくに「草喰 なかひがし」を開いて摘み草料理を広めておられます。是非訪れたい憧れのお店です。

畑で育つ野菜がいつもの食材だけれど、さりげなく咲いている野草を摘んで和え物や汁物、ごはんや甘味に取り入れていくのは何も特別なことではないんだな、と改めて感じました。

春は摘み草を楽しむ良い季節。そろそろですね!
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-01-27 22:08 | books | Comments(0)

上賀茂神社の手づくり市

c0038170_11124763.jpgひょんなことから京都で知り合いができ、今月はそんな彼らの飲み会に誘ってもらいました。

集合はこの間の日曜日。折角出かけるので朝から京都入り。
毎月第4日曜日は上賀茂神社で手づくり市が開かれているときいたので、3月に出店する寺田本家さんでのお蔵フェスタの参考に出かけて来ました。

市が始まる9時に見始めたのですが、パン屋さんやお菓子屋さんなど人気のお店はすでに人だかりが。。品物がお昼まで残っていない、というのもうなずけます。

私はマクロビオティック、ヴィーガン、オーガニックのアンテナでお店を探してぐるぐる。

こちらの3軒で美味しそうなパンやマフィンを買わせてもらいました。

c0038170_1113420.jpg
素材菓子Originさんで甘酒むしぱん。
Orijinさんは蒸し菓子専門のお店。ほんわりやらかい生地にあんこが入ってとても美味しい!
蒸し直すといいですよ、と教えて頂きましたが家に持ち帰るまでに我慢出来ませんでした(汗)。


c0038170_11131892.jpg
2軒目はCUROさんで酒粕麹を使ったシンプルなベーグル。パチンパチンの表面をちぎって齧ると、もちり。優しい良い香りのするベーグル。砂糖は使っていないということなので、このふんわり優しい甘さは酒粕酵母と粉のため?とても美味しい。
オーナーさんはとても素敵な女性。以前マクロビオティックをされていたそうです。安心して食べられるパンを作っているんだな、と嬉しくなりました。


c0038170_11133368.jpg
3軒目はRadio Bagelさんでキャロットマフィン。卵や乳製品は生地に使っていないけど、トッピングにはクリームチーズをのせています、、とのこと。って乳製品使ってるのね。
でも!キャロットマフィンにはやはりクリームチーズのトッピングは欠かせません!
マフィン好きの血が騒ぎ、購入。
たっぷりのレーズンに胡桃、スパイスの香りも効いてます。美味しく頂きました。

どうやら手づくり市出店常連さんがたがいらっしゃるようです。機会があればまた訪れて、素敵なお店に出逢おうと思います。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-01-27 11:32 | Kyoto & West daily | Comments(0)

これからこれから

あっと言う間に一月も半分以上過ぎてしまいました。
新月も過ぎ、そして漲るようにまた世界が満ちていきます。

ここ最近特に、自分なりに愉しいな!と思うことがいろいろとあります。
その代表が言葉。
言葉好きなのは今も昔も変わりませんが、なかでも言霊。
これはとても素敵な生き物で、優しく頼りがいがあり、素直で気持ちのいいコたち。
そして、その効き目というか彼らが生み出す力のすごさにびっくりするやら納得するやら。
なんだかいつにも増して愉しくなりそうな寅年です。


今年初めてのピーシズの活動は来月のケータリングからスタートです。
3月にはイベントに二つ、スイーツ担当で参加いたします。
4月からは休止していた料理教室を再開いたします。

詳細はまた後日コチラでお知らせします。
なんだか目白押しみたいな書き方してしまいましたが、
どれも大切なご縁から生まれたものばかり。一つひとつ心を込めて大事にさせて頂きます。

湘南はもう梅が咲き出してます。

春はすぐそこですね。

待ち遠しい!
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-01-19 23:30 | Shonan & East daily | Comments(0)

a happy new year 2010!

昨年はたくさんの方々にお会いでき、また支えて頂いた年となりました。
勉強させて頂くことも数知れず。
今年はその皆様からのご好意にお応えできるよう、
私を生かす全てのものに恩返しができるよう

焦らず・ゆっくり・愉しんで料理を作り、
それを皆様と共有していこうと思っています。

大きな樹になる小さな実たち。
小さな実の一つの私。
樹はいつも惜しみなく小さな実たちに養いを与えて下さるのに、
実たちはいつも不平不満だらけ。

わんさとなる実のやかましいざわめきも、
樹はいつだって大きな木陰を作って
にっこり笑って抱き締めてくれる。

ああ、あなたがいないと結局私たちは、
実にもなれやしない存在ね。

大きな枝の向こうになる実に
私は一度もお目にかかったことなどないけれど
母は同じあなたという樹。

どうか神様

正しい道を歩いて行けますように

どうかその道を照らし

我らをお導き下さい

そして私もあなたも彼ら彼女らも、
鳥に啄まれ
森の獣の腹ごしらえに持ち去られ
世界のあちこちで良い種を落とす
麗しい実になればいい
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-01-04 11:27 | words | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧