<   2006年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

bluee-sのカフェオレボウルとカーさん

c0038170_12504188.jpg
今年の正月に横浜のみなとみらいにドライブがてらお散歩に行った時のこと。大桟橋の駐車場に車をとめて、赤れんがへ続く遊歩道橋の階段を上ろうとすると、、ちょっと先の店の前で、カップルが屈み腰で何かを激写してるではありませんか。。

私の猫レーダーがぐんぐん反応してまして(←猫好き)。。ええ。猫さんがいたわけで。そして、私たちも誘われるようにその店を入ると、なんと私の大好きな青い色の品物ばかり!それがこのお店bluee-s。年明けそうそう、とても素敵な偶然にうきうきしたのは言うまでもありません。ちなみに猫の名前は「カーさん」でおばあちゃん猫さんです。飼い主は隣の電器屋さんで、カーさんは電器屋さんがお休みの日にブルースに遊びにくるんだそう。
c0038170_12521897.jpgカーさん

このブルース、置いてあるものは青にちなんだ雑貨やアクセサリー、ファブリック類。その日は、写真にあるカフェオレボウルを買って帰ったのですが、この間の日曜にまたちょっとよってみたのでした。もう6時を過ぎるころだったのですが、やっぱりその日もカーさんはお店にいて、オーナーでもある奥さんの膝の上でぽかぽかしてました。首に巻いてるのは電器屋さんが着てるコーデュロイの服をリメイクしたマフラーだとか。

c0038170_1305564.jpgc0038170_1312215.jpg

実はブルース、ホームメードのマフィンやクッキー(各200円)も売っていて、それがまた大きくて美味。この日はバナナとクルミのたっぷり入ったマフィンを買ってカーさんをなでなでして、幸せ気分で店を後にしました。

bluee-sの場所は、大桟橋への道を入るすぐの所にあります。遊歩道橋の手前。隣が交番。通りの斜め向こうが警察署。近くにサンアロハ。

info:神奈川県横浜市中区海岸通1-1 大桟橋共同ビル1F
11:00〜19:00 不定休
[PR]
by pieces_Yoshino | 2006-02-23 13:08 | 湘南&東 日々のこと | Comments(0)

蓮もちを天つゆで食べる

c0038170_2130159.jpgはすもち、ではなくて、れんもち。蓮根餅のことを短くそう呼んでいます。見かけは肉団子か唐揚げのようですが、れっきとした精進料理です。

作り方はほんとに簡単。まず蓮根をすりおろします。蓮根の種類にもよりますが、大概すりおろすと水分がでてくるので、笊にあげて、びたびたした汁気が切れるくらいに絞ります(パサパサにならないように絞り過ぎに注意)。水気が多すぎると扱いにくく、少なすぎると美味しくありません。そこへ、塩、片栗粉、大和芋のすりおろしをそれぞれ少々いれてよく混ぜます。目指すのは、「柔らかいけれど丸めても形が崩れない」くらい。あとは手でコロコロ丸めて、蒸し器で6〜7分蒸して形をしっかりさせたら油で揚げるだけ。私は小さな鍋に蓮もちが半分浸かるくらいの油で(170℃〜180℃)片側ずつ返しながら揚げてます。すでに蒸して火が通っているので、後は周りが色付く程度に揚げれば十分。

また、つなぎに入れる大和芋をわざわざ買ってくるのが手間なら、卵の黄身をいれてもいいですよ。(めんどくさがりな私は今日は黄身を使いました)

揚げたては、外はパリッと中はふんわりしっとりして、とっても美味。今日は天つゆでたべましたが、出汁をきちんとひいた美味しい澄まし汁の実にしたり、人参や絹サヤなどの千切りを入れた野菜たっぷりの温かい餡をかけてもいいかな。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2006-02-18 22:02 | ベジごはんなど | Comments(0)

地味?いえいえ、とってもワイルド!

c0038170_2159155.jpg
ハックルベリーってご存じですか?

この続きを読む
[PR]
by pieces_Yoshino | 2006-02-17 22:20 | 湘南&東 日々のこと | Comments(2)

紫さつまいもで、いつもみたいじゃないニョッキ

c0038170_18163812.jpg去年の夏頃、富澤商店で気まぐれに買った紫さつまいもフレーク。色が綺麗だったので、いつか何かに使えそう、と思ったのでした。一度ディップとしてちょこっと使ったのですが、その後あまり出番もなく年を越してしまい。。

こないだ読んだ記事にyam芋を使ったニョッキ、というのが載っていたので、「ああこれだ!」ということで私も早速紫サツマイモでニョッキ作りに挑戦しました。

とはいえ、作り方はよくあるじゃが芋を使ったニョッキを紫さつまいもに代えただけ。全部紫だとちょっと不気味なので、じゃが芋ニョッキと半分ずつ作りました。そのあとは、オリーブオイル(唐辛子を入れてます)でベーコンをカリッと炒めます。そこへしゃっきり茹でた菜の花の水気をよく切ったものを加え、塩も少し多めに入れて和えておきます(フライパンの火は弱くつけたままで)。ニョッキの味が単調なので、他の具材は強めの味付けがいいようです。茹でたてのニョッキをベーコン&菜花のフライパンへ入れて優しくあおり、そっと器に盛って出来上がり。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2006-02-16 18:21 | ベジごはんなど | Comments(0)

バークリーの素敵な女性シェフのインタビュー@Cha-ya

c0038170_1482976.jpg
マクドナルドを15才で首になるのは、レストランキャリアのスタートとしては幸先がいいとは言えない。

この続きを読む
[PR]
by pieces_Yoshino | 2006-02-15 14:47 | 湘南&東 日々のこと | Comments(0)

世界の真上で

c0038170_2381377.jpg
私が25才の時に出逢ってもう6年が経つというのに、ずっと私に影響を与え続けている人が2人います。その1人がポール・ボウルズ。「シェルタリング・スカイ」という映画をご存じのかたもおられるかも知れません。彼はその原作者でもあります。

サハラ砂漠、熱気、旅人の異郷の地に抱く甘く苦い幻想。彼が括られる作品への評価はこのようなものが多いように感じますが、私にはそれとは別の魅力、より深い、混沌としたなかの明解さを感じるのです。真っ暗闇のなかでじっと一つの光を見つめるようなもの。広大な地上のただ一点にたたずむ自分の、存在理由。喜びと馬鹿バカしさ。それらを飄々とあっけないくらいに表現してしまう彼に私は魅了され続けています。

UP ABOVE THE WORLD、そう「世界の真上で」。彼の作品の中で一番すきなもの。図書館でなにげなく手にしたその時から、私にとって彼の作品は尽きることのないインスピレーションの源になったのです。

その頃と時を同じくして出逢ったもう1人の人物もまた私に、目眩するような溢れるインスピレーションを今も与え続けている。私はその人と出逢った時、「世界の真上で」を読みかけていて、私はその人と過ごす時間の中で、はっきりと「真上」が意味するモノを理解した。それはまるでシナリオが用意されていたみたいに、私の目の前で風のように「叶った」のです。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2006-02-10 23:13 | 言葉 | Comments(0)

フレッシュチーズみたいなヨーグルト

c0038170_231454.jpgプレーンヨーグルトを2時間(できればもっと長い方がいいかな)ほど笊にキッチンペーパーを敷いたものにあけて水切りしておくと、こってりとしたフレッシュチーズのような舌触りになります。いつものとろーんとしたヨーグルトも好きなのですが、私はこってりねっとりしたこちらのタイプの方がもっと好き。ただ、ヨーグルトを買って来てからこってりタイプに変身させるのに時間がかかるので、待ちきれない私は大概いつものとろりタイプを食べることになるのですが。。

今日は、今が出盛りの苺「とちおとめ」にこってりヨーグルト、三温糖、バルサミコ酢をかけて食後のデザートに。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2006-02-09 23:03 | 甘いもの | Comments(0)

大根と豚バラの胡麻煮

c0038170_2048176.jpg昼の4時過ぎから、近所の銭湯「寒川乃お湯屋」に行ってのんびりしてきました。いつ行ってもゆったり入れるので気に入ってます。露天風呂では青空に月という昼風呂ならではの贅沢な眺めに、にんまり。

ほっとした気分で銭湯を出ると外はキューッと寒い。夕飯はお風呂のぽかぽか気分を楽しめるものにしたいなあ、ということでおつゆたっぷりの大根の胡麻煮にしました。

片栗粉をつけてこんがり焼いた豚バラを、練り胡麻を入れた出汁で炊いた大根が柔らかく煮えたところへ、最後に入れました。1〜2分コトコトして大根と豚バラが馴染んだら出来上がり。仕上げに柚子の皮を少しのせて香りを引きしめます。

胡麻の香りと味がしみた熱々の大根に、片栗で表面がつるりとした豚バラの香ばしさが合うみたい。ごはんがすすむおかずです。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2006-02-08 21:17 | ベジごはんなど | Comments(0)

Better Days

c0038170_22535639.jpg私の、ここしばらく一番お気に入りの曲。goo goo dollsが歌っています。

この続きを読む
[PR]
by pieces_Yoshino | 2006-02-07 23:11 | お気に入りの音楽 | Comments(0)

Ame:それは東西の味覚をさらりとブレンドして楽しむ、カジュアルでゴージャスなレストラン 

c0038170_16511462.jpg

Ame's Aim Is True
S.F. restaurant effortlessly blends Eastern and Western flavors from SF Chronicle 


昨年の11月、SFのMission通りにFoodがボーダーレスであることを感じさせる、そんな素敵なレストランがオープンしました。これってとっても共感するなあ!

この続きを読む
[PR]
by pieces_Yoshino | 2006-02-06 17:19 | 湘南&東 日々のこと | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧