カテゴリ:湘南&東 日々のこと( 271 )

いただいた梨でコンポート。

c0038170_133277.jpg
ご近所さんは梨農家さん(寒川は梨の名産地なのです^^)。先日家族が手みやげ用に購入したら、B級品を一袋頂いたようです。

普段は皮をむいてそのままシャリシャリぱくぱく。。今回は生で食べる以外のことがしたく、お菓子にも使い回せる洋酒漬けにしようと思い立ちました。イメージはパウンドケーキに混ぜて使うような、ドライフルーツの洋酒漬け。

あいにくラム酒は切らしていて、代わりに、昨日の日記に書いた化粧水で使った日本酒の残りを利用。洋梨とは違う和梨なので、きっと清酒が合うでしょう〜♪・・・でも、梨の洋酒漬け(日本酒だけど)ってどうするんだろう??ネットで調べると、一旦火を通すやり方をしている方を何人もお見かけしたので、わたしもそれを試してみる事に。

c0038170_1353651.jpg
梨のほかには、レーズンも用意。皮と軸を取ってざっと刻んで鍋にいれ、きび糖をふりかけ火にかけます。梨が正味一キロほど、きび糖は大さじ四杯くらい。量は適当です。
c0038170_13241178.jpg
火にかけて、中火の強火で混ぜながら五分ほど煮ていきます。そうそうこの量で、塩(さらさらの)も三本指の多めひとつまみで二回入れたかな。煮汁の味を見て、甘みが締まって感じられる程度入れました。塩の量もこれまた適当。

火をかけるとあっというまに果汁が出てきます。そこへレーズンをイン!汁気を全体に回すようにかき混ぜながら火を通します。しゃりっとした加減が残っている方がいいかな、煮るのは五分。

c0038170_13345548.jpg
あとは火を止め、粗熱を取ります。この段階で味見。シャリ感が残ってこっくり甘みがあって、イケます。
仕上げに日本酒を二合ほど加え、保存袋に入れて冷蔵庫へ。

移し替えるとき、まだほの温かいコンポートとあわさってお酒の香りが立ち上り、酔っぱらいそう。。

c0038170_14171975.jpg
保存袋で全体に汁気が回っているので、ときどき開けて混ぜ返す必要はなさそうです。とりあえず一週間ほど寝かせてからまた味見をしてみようと思っています。

さて、何に利用しよう。。このコンポートを包んだ三つ編みパンなど、オイシソウではないか。。パウンドケーキやカップケーキに入れるのもいいよね。わらび餅やみつ豆に添えてみるのはどうだろう??

ソテーしたお肉類のソースベースとして利用してもきっと合いますよね。ベジさんたちには、、、。ベジ用お食事にも合わせる方法があればどなたかぜひ教えて下さい^^
[PR]
by pieces_Yoshino | 2014-09-03 14:32 | Shonan & East daily | Comments(0)

ユキノシタと日本酒で化粧水を手づくりする。

c0038170_20253835.jpg
昨年から化粧水を手づくりしています。いま使っているものがだいぶんと減ってきました。作ってから時間を置く必要があるので、すっかり無くなる前に仕込みます。

材料は二つだけ。ユキノシタと日本酒。以上( ̄^ ̄)

c0038170_20331940.jpg
ユキノシタは裏庭で取ったもの。我が家の周りにいつのまにか増え、白い産毛と、むっちりした葉が愛らしく、ときおりほっそりとした可憐な白い花を付けますよ。家に生える野草がその家人に必要な薬草と聞いた事があります。これを日々使うものに取り入れられないかな??と思ったのがきっかけでした。

c0038170_2040859.jpg
調べてみると、ユキノシタは美白効果が期待されるそうです。わーい♪

濃い緑で肉厚なものを摘んで、砂や土をきちんと水洗いして落とし、しっかり水気を拭き取ります。清潔な瓶に詰め、ひたひたとかぶるくらいの日本酒(米、麹、水だけで作られているものを選んでいます)を入れて蓋をし、冷蔵庫で2、3週間ほど寝かせてから使っています。

時々瓶を揺すって上下を返したり。使う分だけ別のボトルに小分けて使用していますので、残りはじっくりと時間をかけて薬効が染み出ているのだろうな、、、と期待。

c0038170_20531350.jpg
左は漬けて一年以上たったもの。すっかり色が変わってしまいました。たくさんの薬効をありがとう!

今回は五合(約900cc)で700円ほどのお酒をスーパーで購入。家にユキノシタが生えていたので、それを使っていますが、ツユクサが生えていたらツユクサを、ビワの木があればビワの種や葉を漬けて化粧水作りしていることでしょう。とにかくたっぷり出来ます。そして使う時もぱしゃぱしゃたっぷりと気前良く。仕込み時間は10分もかからず。あとは寝かせておくだけ。そしてお手頃なのに贅沢な気分が味わえるのがとっても嬉しい化粧水なのでした^^

※お酒そのままなので、人によっては肌に合わない事もあるかもしれません。今回のお話はご参考までに。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2014-09-02 21:17 | Shonan & East daily | Comments(0)

flickr再開。7月のお弁当。

c0038170_945861.jpg

お弁当の写真を大きく見てもらおうとフォトシェアサイトのflickrを使っていましたが、利用に際し、しばらく前から米国のyahooアカウントのみの使用を迫られるようになっていました。googleやfacebookのものではもはやログインも出来ないようになり、ついに新しいyahooアカを作り。。。継続再開です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こちらのお弁当は先日十五日、小豆ごはんの日のお弁当です。塩麹ドレッシングで和えたポテトサラダが今月のしょっちゅうアイテム。頂いた赤玉葱のみじん切りをドレッシングにしばらく混ぜておくと、酢に反応してきれいなピンクに発色します。それを茹でて粉をふかせたジャガ芋にまぜまぜ。。あしらいにバジルを添えて夏らしさアップを狙います・笑

水菓子もほんの一口、気分転換程度の小ささですが、オレンジジュースの寒天寄せを入れています。寒天のシャキッとした食感がさっぱり♪いかがですか?^^


お弁当ご注文は営業日前日のお昼頃までに
お電話 090−4625−8907
Fax 0467−74−3293
メール kuroneko.shonan0467@gmail.com


お問い合わせなどと合わせまして、承っております。
定休日でも返信はしておりますので、ご連絡はお気軽にどうぞ。

黒猫の精進弁当は、一個 750円(税込み・配達代込み)。
2個からご注文をお受けしております。
ご注文をいただきまして、お届け先への配達です。
また、当店は昼営業のみとなっております。
配達範囲は、
寒川町と寒川町寄りの茅ヶ崎市、平塚市、藤沢市、海老名市近辺です。
上記範囲内でも、お届け先までの距離が当営業所より遠方の場合、
多めにご注文いただくか、お断りすることもございます。

ご相談ください。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2014-07-23 14:54 | Shonan & East daily | Comments(0)

そして純粋なこと。

c0038170_12403652.jpg
黒猫を始めた当初から、

このお仕事をさせて頂くうえでずっと抱いているもの。

”受け取られた方々が少しでも嬉しい、楽しい気持ちになるお手伝いができる料理を作り続けたい。”

心の旅をするすべてのご縁ある方に、わたくしがお渡ししたお食事が、

長い道のりの途中、ホッと一息つける小さな木陰でありたいと思っています。



心から喜んで、他の人のために、自分のもつ能力全てを使ってお仕事をすること。

お仕事を通して、周りの人や社会のために役立つことをすること。

そういうことを実践する自分であり続ける事。

己の気持ち次第でいかようにも揺れてしまうことに、

ずいぶんと振り回されてきたわたしです。

もちろん普段のわたしは、

まだまだ些細な事で泣いたり笑ったり怒ったりイライラしたり。。。

いまでも弱い自分はそこにいて、

しょっちゅうひょこひょこと顔を出しては悪さをしていきますが^^;

それでも、仕事場に入って準備をし、取りかかり始めると、

楽しくて嬉しくて、わくわくする気持ちが止まりません。

受け取る方にすこしでも笑顔になって頂きたい、

仕事や日常生活を通して自分自身をもっともっと成長させたい、

そんな、いてもたってもいられない気持ちになります。



自分がする仕事はどんなことであれ、

自分が出逢う出来事はどんなことであれ、

純粋に、

相手の方の幸せを願う想いでかかりたい。向き合いたい。

利他を選べる、自分になりたい。



そして純粋な自分の内に、いつかきちんと辿り着けますように。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2014-05-27 09:44 | Shonan & East daily | Comments(0)

緑のエナジー

c0038170_1057534.jpg
市場で手に入れたフダンソウと生のフェンネル。体の中にバリッと英気と養分を含んだ野菜を見ると、目が離せません。手に取って、その心地や香りを確かめたり、とにかく触れずにはいられない。
c0038170_10563740.jpg
濃い緑も淡い緑も、気持ちが彼らと一つになるようで、いつもとても不思議な思い。五月の薫る季節は、一年で一番好きなとき。
c0038170_10571394.jpg
フダンソウの茎の美しい色は、火を通すと残念ながら褪せ消えてしまいます(でも火を通して食べるのが美味しい)。色を楽しみたければ、サラダ、かな。フェンネルは新鮮さをとっておきたいな、オリーブオイルに刻んで浸してあります。フェンネルオイル。バターに混ぜ込んでフェンネルバターも良いですよね^^
c0038170_10582437.jpg
新じゃがの出ている今は、ポテトサラダも美味しい。仕込んだフェンネルオイルを使って、ベジなポテサラ。マヨネーズは使ってないけど、それっぽく見えるよね?ピリッと辛みの効いたマスタードも入れて、本格的。

マヨタルタルソースはお豆腐で。へっころ谷さんで紹介されていた豆腐タルタルを今は自己流にアレンジして楽しませて頂いています。しっかり水切りした木綿豆腐+白系味噌+梅酢+さらしみじん玉葱、それと、オレガノやバジルなどのドライハーブも加えてるとリアルタルタルに近づく気がします。当たり鉢やフードプロセッサなどでよく合わせ、味を調節すれば完成。ほんとのマヨネーズも美味しいですが、こういうベジマヨネーズもたまらなく好き^^ 
[PR]
by pieces_Yoshino | 2014-05-09 11:33 | Shonan & East daily | Comments(0)

鎌倉でゲリラ種まき!

c0038170_2143064.jpg
トランジションタウン鎌倉主催で、ソーヤー・海くんの”アーバンパーマカルチャー入門ワークショップ”へ参加してきました。

アフロの海くん、Wake Up!の活動でゲリラ瞑想したり、パーマカルチャーを日本でどんどん拡げる運動もしたり、TEDでトークしたりとその活動は去年いろんな機会で拝見していたので、アンテナにひっかかってました。今回トランジションタウン茅ヶ崎のMさんからこのWSを教えてもらった時は、開催日近くだったけれど、いいタイミング!二つ返事で出かけてしまいました^^

More
[PR]
by pieces_Yoshino | 2014-02-03 21:59 | Shonan & East daily | Comments(0)

師走のマーマレード

c0038170_14571565.jpg
さかさまの瓶は、真空状態にしている最中の柚子マーマレード。

時期になるといただく柚子を、甘く炊いてマーマレードにする、
そんなことを昨冬から始めています。

レシピはグレーテルのかまどより

ふつふつ煮えてくる柚子のアクを取りながら、いろんなことを思います。
愉しいことも、嬉しいことも、そうでないことも。
なるべく愉しいこと一直線で行きたいですが、
悲しくなることも厄介なことも心に自然と浮かんでくるので、
そうさせてやります。

最近、下げ止まり、という発想を教えてくれた人がいました。

私はそれを聞いて、あ!それ解る!
とても合点のいく思いがしました。

というのも、
心の焦点が、悲しいことや厄介なことに定まると、
ついそのことばかりに想いを使って(砕いて)、
ヘトヘトに疲れてしまった自分がかつていました。
自分の心を自分でコントロールできなくなる、
といえば、うまく伝わるでしょうか。
考え始めたら止まらない、そういう輪の中に入ってしまう感じ。

その癖を、少しずつ周りの大切な人たちと一緒に修正していったいま、
ほんとうに少しずつですが、
手に負えない暴走癖が出たときの心の位置が、
下げ止まるようになりました。

要は、そんなにヘトヘトにならずに済むようになったということです。

平気、大丈夫、というラインがゼロ位置なら、
下げ止まることで、そのゼロ位置に近い所に自分の気持ちを置ける。

たとえ下がっても、
平気、大丈夫なゼロラインまで戻るのが前よりも簡単に感じています。
ハートを開くことも、前より怖くない。
どうしていままでこんなに簡単なこと、してこなかったんだろうって。
ね?そんな風に。

柚子のほろ苦い風味、ちゃんと出てるかな。
手製のマーマレードは、
朝食のトーストにたっぷりつけて齧るのが楽しみ。
明日の朝が待ち遠しい師走はじめ。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2013-12-03 15:40 | Shonan & East daily | Comments(0)

料理教室をしました。

先月の7月27日(土)に、
料理教室をさせていただく機会がありました。
いつもお世話になっている町役場のK女史からのお誘いです。
お声かけ下さりありがとうございました^^

会場は、寒川町の南部公民館・実習室をお借りしました。

さて、当日の献立は以下の通りです。

①ゴボウミートボール入りココナツカレー
②蒲焼きもどきのうなきゅう
③豆腐チーズ入り夏野菜のサラダ
④人参海老フライ風
⑤とろろ汁
⑥圧力鍋で炊いたご飯(圧力鍋の使い方・玄米ごはんのおはなし)
⑦フルーツクランブル(今回はネクタリン)

ゴボウを使ったミート種の作り方とそれを展開させたものを中心に、
お野菜だけの、夏の和野菜定食を作りました。

今回はK女史のお連れさま方も合わせて4人。
賑やかに笑い声の耐えない4時間でした☆
その節はみなさまお疲れさまでした!

じつはまた秋にも開催予定です。
日にちは10月26日(第4土曜)。
秋が少しずつ深まった頃でしょうか。
雑穀の取り扱いとおかずをメインに、
秋の和野菜定食、で考え中です。

来月あたりに、詳細をアップします。
ご興味おありの方がいらしたら、
ご一緒にいかがですか?^^
[PR]
by pieces_Yoshino | 2013-08-09 21:04 | Shonan & East daily | Comments(0)

きょう見えたもの。

c0038170_22255381.jpg
けさの日曜美術館は、瀬戸内のアートシーン。
中谷美紀さんが直島を旅されていました。

キッチンの開け放した窓から見える庭は緑が滴るよう。
トーストを齧りながら、鎌倉へ絵を見に行こうと思い立ちました。

ギャラリーのある鎌倉は今の時期は緑がとても美しいだろうな。
庭の緑と、鎌倉の緑が繋がってるような気がしたのでした。

きょう目にしたものはほんとにたくさんあって、

きょう見えたものもたくさんありました。

本をバアッとめくるように思い出そうとすると、

谷戸の緑と、由比ケ浜の海色と、

ならまちを思い出させるような大町の家並み。

道を埋め尽くすたくさんの観光客。

カラー写真のそれらを埋めるように、

手に入れたポストカードの匂い、
お店さんで交わした言葉、
連バイで売られてた初夏の野菜たち、
アイスコーヒーを飲みながら、なに話そ・・って思案したり、
変わらず続けてくことの何かが見えたり、
ここが好きなんだってトコロへ、
偶然訪ねた本屋さんで手に入れた雑誌に思い出させられたり、
我侭癖のある思考がまた少し出てきたり(土をかぶせときました)、、、

思いがけず、心に見えたものがたくさんあって、
小さなシンクロニシティがたくさんあって、
なんだかあっというまの数時間。

急な誘いに乗ってもらったことにも感謝。

さあ、今週も充ちるように過ごしてこう☆
[PR]
by pieces_Yoshino | 2013-05-19 23:11 | Shonan & East daily | Comments(0)

菜の花助産院さんで素敵なイベントです。

茅ヶ崎市浜之郷にある、素敵な助産院:菜の花助産院さんで、
3/27(木)に
「感育~五感で感じる心を育てよう~」というイベントを開催されます。
黒猫は、菜の花さんとは昨年末よりご縁をいただき、
たびたびお届けさせていただいております。
今回のイベントでも、お弁当をお届けがてらイベントを覗かせていただく予定^^

菜の花助産院さんは、お玄関を入ったところから、
なんとも不思議で優しい気持ちに包まれます。
薫院長のお人柄だと私は思っているのですが、
森や木立に足を踏み入れた時のような感じ?
そういうものに近い、清々しくふわりとした心地よさで迎えて下さるのです。
学校も春休み。
お子さんと一緒に五感を使って感じる愉しさを体験されるのは
きっと素敵な経験になることと思います。

お近くの方、お時間の合う方は足を運んでみてはいかがでしょうか♪
[PR]
by pieces_Yoshino | 2013-03-20 22:52 | Shonan & East daily | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧