カテゴリ:お弁当( 159 )

トマトを味の奥行きに

c0038170_10453626.jpg
初夏から夏の献立では、炊き合わせにプチトマトも入れています。まるい形をそのまま生かしたいので、湯剥きをしたプチトマトを、ほかの具材と一緒に炊いたりはせずに、火を止めたあとの出し汁に浸しておくのです。

残った出し汁を味見すると、「・・・美味しい」。トマトの酸味がかすかに、そして甘みに近い旨味が出ているのです。気づくのが遅いですが(汗)、トマトはグルタミン酸という旨味成分があるのだからそれも当然ですよね。ぐつぐつ煮ずとも、余熱でも抽出されるようです。

そういえば、以前参加した日本料理フォーラムで、瓢亭の髙橋義弘氏がトマト醤油を紹介しておられ、これもそのトマトの旨味成分を上手に利用されているものでした。

この写真、鍋の中は叉焼(チャーシュー)です。が、リアルな豚さんではないですよ。詳細は次の更新に回しますが、ベジ煮豚を作る際に、プチトマトを入れました。赤くぺちゃんこになっているものが数箇所見えますがトマトの煮えあとです。今年は、出盛りの間は、味の奥行きをつけるのにトマトを活用するようにしています。仕上がりは、まったくトマトくさく感じません。ちょっとした実験気分。

とはいえ、やはりトマトはトマトですので、沢山入れると酸味が立って「???」な味になりますので、量は控えめに。軽やかな甘みや旨味なら、このような食材で試してみるのも素敵です。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2015-06-23 14:00 | お弁当 | Comments(0)

塩麹を混ぜた爽やかな人参サラダ

c0038170_1122395.jpg
人参が旬ですね。スライサーで卸した人参をさっぱりとした和え物にしています。表面がざらざらとした感じに卸せる四面グレーター、便利に使っています。

塩麹、粉マスタード、酢、オイルを混ぜたドレッシングで卸した人参、スライス新玉葱を混ぜて一晩休ませます。ここでレーズンやクルミを混ぜても良いですよね。

翌日、盛りつけの少し前に、塩ゆでした、これも今が旬の印元を加えました。緑の野菜は塩気に当たると変色していきますので、食べる前に混ぜるのがきれいな緑色の秘訣。すっぱくて爽やかな夏向けサラダ・和え物です。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2015-06-13 15:21 | お弁当 | Comments(0)

夏向けひろうすを作る

c0038170_1056315.jpg
ひろうす、ってご存知ですか?
飛竜頭(ひりゅうず)と言えば伝わるかしら。がんもどきのことですね。

お世話になった店の板場で、ひろうすひろうすと呼び習わされていたので、
わたしもひろうすと呼んでいます。
煮物で大活躍のひろうす、夏バージョンで献立に入れています。

十分に水切りした木綿豆腐、大和芋、塩、揚げ油を用意。
混ぜる具は、塩ゆでした枝豆の実(薄皮も取り除く)とヒジキにしました。

c0038170_1131285.jpg
当たり鉢で丁寧に当たった豆腐に卸した大和芋、塩を加えます。
今回はフードプロセッサーで回しているのでらくちんです。
c0038170_1142574.jpg
ボウルに移し替えて具を入れます。
緑×黒の組み合わせ、大好きです。
c0038170_1145311.jpg
ここまで出来たら、揚げ油を熱して、片手でタネをにゅっと出しながらスプーンで落としたり、スプーン二本を使ってくるくるとタネを丸めて落としたり、で揚げていきます。やや高めの油で回りがカラッと揚がったら引き上げます。

c0038170_11104042.jpg
できあがったひろうすは冷凍保存ができます。凍ったひろうすを、味付けした出し汁にそのまま入れて煮含められます。沢山出来るのでこういう使い方が出来るのは嬉しいですね。

揚げたてをわさび醤油で食べたり、甘辛く煮たり、薄味で炊いたり。
中に混ぜる具はお好みです。水気の出ないものを選んで、いろいろ楽しみたいものです。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2015-06-12 16:42 | お弁当 | Comments(0)

ベジ団子はお役立ちなのです

c0038170_9143769.jpg
ベジ団子、と呼んでいる穀物と野菜で出来たお団子、ほんとうにお役立ちなのです。
c0038170_915184.jpg
ミートボールは挽き肉を丸めますが、ベジ団子は炊いたオートミールと、ソテーした野菜のみじんを混ぜたもの。ほんとうに簡単です。入れる野菜はなんでもいいのです。わたしは、面取りした大根や南瓜、型抜きしたあとの人参など、美味しいけれど形にならない野菜達をたっぷり入れます。量の割合は好みですが、全体の三分の一が野菜、というくらいでしょうか。タネに味をつけたら、丸めて片栗粉で薄化粧をして、油で揚げるだけ。周りがカラッとする程度で大丈夫です。揚げ過ぎは、オートミールタネがユルくなりますので、さっさと引き上げることが肝心。
c0038170_9152322.jpg
あとは、甘酢あんかけにしたり、そのまま好みのソースをつけて食べたり、団子でなくて平らに伸して、茄子に挟んでフライしたり、ピーマンに詰めて焼いてみたり。。。むちむちした食感が美味しいです。おうちで簡単に出来ますので、ぜひ試してみて下さい。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2015-05-29 15:13 | お弁当 | Comments(0)

蚕豆フライ

c0038170_15422284.jpg
旬の豆類がどんどこ市場に出来てきました。

蚕豆(そらまめ)もこの時期だけのお楽しみ。
莢を剥くのも楽しいし、食べて美味しいしの大好きな野菜です。
写真は、寒川産の蚕豆。
地元で収穫されたものを使えてとってもうれしいな。

蚕豆は、莢を開けたときに大きな子も小さな子もいろいろ。
来てくれてありがとね、と声をかけながらザルに集めていきます。

c0038170_8405496.jpg
塩ゆでしたものを彩りで入れることが多いですが、
今回は、薄皮を剥いたなまの実に衣をつけてフライ。
写真の上方、仲良く二つ並んでいるうぐいす色のフライが、それです。
揚げ上がりに軽く塩をふって。

今回の写真のお弁当、
新ジャガも寒川産、素揚げしてスパイス入りの塩胡椒で味付け。
藤沢産のハシリのズッキーニは車麩と一緒に酢豚風に。。。

ご注文やお問い合わせは下記をどうぞお読みください。
ご連絡をお待ちしております☆

*************

お弁当ご注文はお届け希望日の前日お昼頃までに
電話 090−4625−8907
メール kuroneko.shonan0467@gmail.com


お問い合わせなどと合わせまして、承っております。
定休日でも返信はしておりますので、ご連絡はお気軽にどうぞ。

黒猫の精進弁当は、一個 750円(税込み・配達代込み)。
2個からご注文をお受けしております。
ご注文をいただきまして、お届け先への配達です。
また、当店は昼営業のみとなっております。
配達範囲は、
寒川町と寒川町寄りの茅ヶ崎市、平塚市、藤沢市、海老名市近辺です。
上記範囲内でも、お届け先までの距離が当営業所より遠方の場合、
多めにご注文いただくか、お断りすることもございます。

ご相談ください。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2015-05-19 21:15 | お弁当 | Comments(0)

小豆ごはんと新玉フライ

c0038170_21383043.jpg
毎月おついたちと十五日は、小豆ごはんでお弁当をお届けしています。

そしてお弁当の真ん中に、
ミューッと赤くケチャップがかけられているのが(笑)
新玉葱のフライ。
この時期にしょっちゅう登場するおかずです。

櫛形に包丁した瑞々しい新玉葱に、
強めの塩を振っておいたものをフライにするのです。

塩をふるのは味付けにもなりますし、
玉葱のツンとする特有の陰性さも抜け、
塩をせずにそのままよりも、
揚げたときに新玉葱の甘みが濃く感じられますよ。
とても簡単なので、おうちでしている人も多いかもしれませんね!

こちらで本日のお弁当献立をご覧頂けます♪

*************

お弁当ご注文は営業日前日のお昼頃までに
お電話 090−4625−8907
メール kuroneko.shonan0467@gmail.com


お問い合わせなどと合わせまして、承っております。
定休日でも返信はしておりますので、ご連絡はお気軽にどうぞ。

黒猫の精進弁当は、一個 750円(税込み・配達代込み)。
2個からご注文をお受けしております。
ご注文をいただきまして、お届け先への配達です。
また、当店は昼営業のみとなっております。
配達範囲は、
寒川町と寒川町寄りの茅ヶ崎市、平塚市、藤沢市、海老名市近辺です。
上記範囲内でも、お届け先までの距離が当営業所より遠方の場合、
多めにご注文いただくか、お断りすることもございます。

ご相談ください。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2015-05-15 22:08 | お弁当 | Comments(0)

今年も、鬼打豆。

c0038170_1912656.jpg
あたたかく炒られて嬉し年の豆 高浜虚子

カラカラと鍋で炒った香ばしくて温かい大豆を、年の数食べる。
子供達は止まらずポリポリ、年長者はほどほどに、、、

そんな様子を想像してしまう温かい句です。

二月の黒猫では、
お弁当に鬼打豆を入れたごはんを時折お出ししています。
丁寧に焙じた寒川産津久井在来種の大豆を一緒に炊いた豆ご飯。
少しの塩を入れて薄味をつけています。

今月はかなりの頻度でこの鬼打豆入りごはんが出ますので
節分気分をまだまだ味わいたい方はぜひどうぞ^^

お弁当ご注文は営業日前日のお昼頃までに
お電話 090−4625−8907
メール kuroneko.shonan0467@gmail.com


お問い合わせなどと合わせまして、承っております。
定休日でも返信はしておりますので、ご連絡はお気軽にどうぞ。

黒猫の精進弁当は、一個 750円(税込み・配達代込み)。
2個からご注文をお受けしております。
ご注文をいただきまして、お届け先への配達です。
また、当店は昼営業のみとなっております。
配達範囲は、
寒川町と寒川町寄りの茅ヶ崎市、平塚市、藤沢市、海老名市近辺です。
上記範囲内でも、お届け先までの距離が当営業所より遠方の場合、
多めにご注文いただくか、お断りすることもございます。

ご相談ください。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2015-02-08 19:16 | お弁当 | Comments(0)

あずきごはんに、炒めなますの箸休め。

c0038170_13252226.jpg
※重要なお知らせ※メールシステムの不具合により、黒猫宛てのメールアドレスが変更となりました。

新アドレスは
kuroneko.shonan0467@gmail.com
となります。

※大変申し訳ございません。今後旧アドレスへご送信いただきましても、
当方より一切のご返信が出来ません※


すでにご質問等をお送りくださっておられる方々へは、
当方より返信なきご無礼を何卒ご容赦いただけますよう、
心よりお願い申し上げます。

*****************************

毎月一日、十五日のお弁当では、あずき入りごはんをお出ししています。今月十五日は祝日・臨時休業でしたので、翌十六日にあずきごはんでのお届けとなりました^^

が、この写真、小豆の所在がてんぷらに隠れてよく見えません(汗)。もち米を使ったお赤飯よりふんわり軽い仕上がりのあずきごはん。次回は十月一日(水曜)ですよ♪

合いの手には、蓮根の中華炒めなますを。いつもお世話になっている竹生さん@自由が丘のおかみ・敬子さんから教えて頂いたレシピ。基本の野菜はざっと以下のようですが、わたしはこれを足したり引いたり自由に変えています。とても美味しいので、皆さんも試してみて下さい^^

*中華炒めなます*
材料
ゴボウ2〜3本、人参2本、椎茸6枚、蓮根中程度一節、しらたき一玉。
調味料
酢大さじ6、砂糖大さじ6、醤油大さじ3、塩小さじ2

作り方
①しらたき以外の食材を、極細い千切りにする
蓮根を入れる場合は薄くスライス。

②胡麻油をしいた鍋でざっと炒め、
全体に油を回した所で調味料を入れ、汁気が無くなるまで炒め煮。

③仕上げに切りごまを大さじ2、3杯入れて混ぜる。
半ずりごまや、ふつうの炒りごまでも構いません。

材料を極細い千切りにするのがポイントです。食べやすいですし、味馴染みもよし。盛りつけも上品に出来ます。でも、時間がなければちょっと太めに切っても全く問題ありません。作り方はとにかく簡単ですし、しっかり目の味付けで日持ちもしますので多めに作るのがおススメです。今回のお弁当には、干し椎茸やごぼうは入れずに、蓮根、人参、ひじきを。収穫も終わりを迎える名残の獅子唐やピーマン、太めに切ったセロリを入れても合いそう。。いろいろな野菜で試してみるのも楽しいですよ。

今回のお弁当、こちらにも詳細を載せています。今までお届けしてきたものも、多少ではありますがFlickrで掲載しています。黒猫の精進弁当って、どんなかな??気になっていらっしゃる方々のご参考になれば幸いです。宜しければご覧下さい^^

お弁当ご注文はお届け希望日前日のお昼頃までに
お電話 090−4625−8907
Fax 0467−74−3293
メール kuroneko.shonan0467@gmail.com


定休日でも返信はしておりますので、お問い合わせはお気軽にどうぞ。
まとまった数のご注文の際は準備に時間を頂きますので、
早めにご連絡いただけましたら幸いです。

黒猫の精進弁当は、一個 750円(税込み・配達代込み)。
2個からご注文をお受けしております。
ご注文をいただきまして、お届け先への配達です。
また、当店は昼営業のみとなっております。
配達範囲は、
寒川町と寒川町寄りの茅ヶ崎市、平塚市、藤沢市、海老名市近辺です。
上記範囲内でも、お届け先までの距離が当営業所より遠方の場合、
多めにご注文いただくか、お断りすることもございます。

ご相談ください。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2014-09-17 14:25 | お弁当 | Comments(0)

黄菊を入れた卯の花〜秋色へシフト!

c0038170_20261516.jpg
※重要なお知らせ※メールシステムの不具合により、黒猫宛てのメールアドレスが変更となりました。

新アドレスは
kuroneko.shonan0467@gmail.com
となります。

※大変申し訳ございません。今後旧アドレスへご送信いただきましても、
当方より一切のご返信が出来ません※


すでにご質問等をお送りくださっておられる方々へは、
当方より返信なきご無礼を何卒ご容赦いただけますよう、
心よりお願い申し上げます。

*****************************

今回の写真、ピントは奥に合ってますね・・・手前の白と黄色のマーブル模様のぽわんとしたものが、黄菊を入れた卯の花です(汗)。

9月に入ると、黄菊や紫菊の花をお弁当の総菜に使い始めます。花びらをむしって茹でている時は、季節と自分が一緒になっているような、そんな一体感^^

銀杏や、栗やキノコや、お芋に菜っ葉。。秋になると出てくる野菜たちに、一年ぐるっと巡りまた無事に会う事が出来るのは、ほんとうに嬉しい限りです。

今回のお弁当、こちらにも詳細を載せています。今までお届けしてきたものも、多少ではありますがFlickrで掲載しています。黒猫の精進弁当って、どんなかな??気になっていらっしゃる方々のご参考になれば幸いです。宜しければご覧下さい^^

お弁当ご注文はお届け希望日前日のお昼頃までに
お電話 090−4625−8907
Fax 0467−74−3293
メール kuroneko.shonan0467@gmail.com


定休日でも返信はしておりますので、お問い合わせはお気軽にどうぞ。
まとまった数のご注文の際は準備に時間を頂きますので、
早めにご連絡いただけましたら幸いです。

黒猫の精進弁当は、一個 750円(税込み・配達代込み)。
2個からご注文をお受けしております。
ご注文をいただきまして、お届け先への配達です。
また、当店は昼営業のみとなっております。
配達範囲は、
寒川町と寒川町寄りの茅ヶ崎市、平塚市、藤沢市、海老名市近辺です。
上記範囲内でも、お届け先までの距離が当営業所より遠方の場合、
多めにご注文いただくか、お断りすることもございます。

ご相談ください。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2014-09-09 21:28 | お弁当 | Comments(0)

さっと。じんわり。しっかり。

c0038170_19295579.jpg
茹でる、炒める、煮る、蒸す、揚げる等々、
火を入れる工程は、毎度の事ながら、修練やな〜と思わせて頂いています。
お届けしたお弁当でも、
きんぴら、和え物、炊き合わせ、揚げ物を入れていますが、
どれもそれぞれ(当たり前ですが)火加減を変えて仕上げています。

きんぴらなどは、汁気を全体に絡ませて仕上げることが多いので、しっかり。
新玉葱のフライも、甘みを十分引き出すのには、しっかり目の揚げ具合が良し。
和え物にする葉ものの茹で加減は、持ち味を生かしてさっと。
煮豆や高野豆腐、根菜の炊き合わせなどは、じんわり。
火から下ろしたあともゆっくり優しく火が通っていきます。

包丁した素材の形や厚み、水気の多い少ないや、
火から外した後の熱の入り具合、
最終的な仕上がりのイメージ等々もひっくるめての、火加減。

毎日のことなのに、毎回気づきがあって、反省しての繰り返し。

料理だけでなく、
世の中のいろいろなことに見聞が深ければ、と思う事もあるのですが、
自分がしていることを深く深くやり通すことが、いまは貴重に感じます。

*********************
お弁当ご注文は営業日前日のお昼頃までに
お電話 090−4625−8907
Fax 0467−74−3293
メール pieces_xoxo@hotmail.com


お問い合わせなどと合わせまして、承っております。
定休日でも返信はしておりますので、ご連絡はお気軽にどうぞ。

黒猫の精進弁当は、一個 750円(税込み・配達代込み)。
2個からご注文をお受けしております。
ご注文をいただきまして、お届け先への配達です。
また、当店は昼営業のみとなっております。
配達範囲は、
寒川町と寒川町寄りの茅ヶ崎市、平塚市、藤沢市、海老名市近辺です。
上記範囲内でも、お届け先までの距離が当営業所より遠方の場合、
多めにご注文いただくか、お断りすることもございます。

ご相談ください。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2014-06-10 20:29 | お弁当 | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧