カテゴリ:京都&西 日々のこと( 18 )

夢の窓

太秦にある幼稚園へお邪魔してきました。
夢窓幼稚園といいます。

この幼稚園は玄米自然食を取り入れていて、庭も広く大きな樹々がちょっとした森のよう。
子供達がにぎやかに時間を過ごす校舎も木がたっぷりと使われていて、まるでアスレチックというか、トムソーヤーの相棒ハックが住んでたツリーハウスみたい!とワクワクしてしまいました。

夢窓幼稚園を作られた吉田三郎先生、吉田秀子先生はマクロビオティックでの玄米菜食に出逢われ、その想いを幼稚園という形にした、とお聞きしました。

今回の目的はお父さんお母さん方が定期的にひらいている健康教室という、
勉強会への参加。桜沢先生の魔法のメガネを通して陰陽を知っていこう、というものでした。

魔法のメガネは既に読んでいましたが、改めて読み返してみると、今まで素通りしてきたことのなんと多かったこと!陰陽の使い方は本当にこんなに簡単なのに、知識ばかりで頭でっかちになりすぎていた近頃が反省されます。

参加されたお母さん達、マクロビオティックも無双原理も陰陽も初めての方が多かったのですが、
そんな方にも上手に理解を促して、みんなで勉強を進めていけるようナビゲートしておられたHさんにはお世話になりました。
初めての方たちにどうやってお伝えするか、そういったことを少しでも見つけて取り入れられればという思いで参加したので、とても勉強になりました。

この健康教室を知ったきっかけは、本当にひょんなことからだったのですが、
やり取りをさせていただいた父兄のHさん。
湘南から、太秦の、この素敵な幼稚園へお誘いくださり感謝です。

夢窓はムソウと読みます。無双と合わせているのかな、とも思うのですが、夢の窓って、素敵ですよね。生まれてすぐの幼少時代を夢の窓がある場所で過ごせる時間は、かけがえのない思い出になるのでしょうね。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-07-05 08:31 | 京都&西 日々のこと | Comments(0)

ラディさんの七穀パン

c0038170_1449554.jpg
国産小麦と天然酵母で作られるパンドラディさんのパンたち。

お願いします、とお電話して朝の出来立てを受け取りに行った七穀パン。
なにが七つ入っているのか道々齧りながら数えてみたら、あずき、黒米、麦、くるみ、ヒマワリの種・・・五つしか判らなかった。あとの二つはなんだろう?

焼き上がりはちょっとぶさいくな形。歪んでて、少し広がってる?
ふっくりムクっとしたこれぞパン、といったもの想像してたから。?って。
食べてみるまではね。

木曜と日曜にだけ生まれる七穀パンは、ほんのり甘くてごはんみたいにしっかり噛める頼もしいパンだった。

空手家でもあるオーナーさんの太くて大きな腕や手で大事に育てられたパンたちは素朴で優しい素敵なコたちばかり。

住所 京都市左京区高野西開町31-1 入江ハイツ1F
電話 075-712-1098
定休日 火曜日
時間 7:30〜17:30
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-07-02 15:20 | 京都&西 日々のこと | Comments(2)

吹き抜ける風があって、仰ぎ見る緑があって。

c0038170_2049675.jpg同じ日差しと景色がまたやってきて、私はそれを味わえてとても嬉しい。

同じ日差しと同じ道と同じようなやりとりが図らずもまたやってきて、私はそれを味わって、なんだか複雑。そこには昔の私と今の私が同席中。

でも同じ同じといいながら、当たり前だけれどまったく違うそれらは、やっぱり私が歩いていく上で必要な出来事で、神様が用意してくださった出来事で。

早い時間のお参りで、お店屋さんは炭の火をやっと熾している所。お餅はこれから。

お旅所へお出かけ中の神様は今日の午後お戻りになるらしい。

それでも変わらず、鈴を振りご挨拶して、お参りする。

どっさりとした竹林のある参道をお山にむかって歩く。夏だねえ。

鳥居を抜けたら、左に折れて東のお山へ。

川向こうのパン屋さんへ、もくようとにちようだけ手に入る七穀パンを探しにいくよ。

今日はだれにあう?
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-05-26 21:11 | 京都&西 日々のこと | Comments(0)

弘法市と花灯路

c0038170_12233485.jpg朝の猿沢池の雰囲気が気に入ってしまい、京都へ戻るべく駅に向かいがてら、再び猿沢池に向かってテクテク。同じゲストハウスの宿泊者さんと路を挟んでお互いに「行って来ます、気をつけて、」の挨拶で奈良を発ち、近鉄電車に揺られながら東寺へ移動。

昨日より今日の方がもっと風が強くて、弘法市の出店者さんたちのテントが飛ばされそうでした(汗。

それにしても市がこんなに広いとは・・・ 一通りぐるりとしたつもりですが、見落としたお店もたくさん。がらくたみたいな骨董もあれば、古着の着物や、着物の端切れを売るのも。器屋さん、食べ物屋さんもたくさんあるし、なぜか博多めんたいこ屋さんがあちこちにあるのが不思議でした。とにかく色々。

ぶらりと冷やかすだけでしたが、気になったものが。それは器のセットものです。
汁椀や飯椀などの漆器の揃いが箱ごと売られているのです。中を確認すると、丁寧に磨いてあげたら、また生き返りそうなものがとても多いのです。揃いで買ったらずっと良い値段のはず。いつか私にもそういう時期が来て、手に入れる必要があるときは、また見に来ようと思いました。

弘法市は毎月二十一日開催です。

お昼はいつものおうどんを食べに行きましたが、まあとにかく風が強くて。いただく側はあれが飛んだこれが飛んだとわあわあ言うだけで楽なもんですが、作ってくださるほうは、にっちもさっちもいかず、こら今日はもうあかんわ、てな感じです。橋本さんのおうどんをいただきながらお話を伺っていると、草喰の中東さんのお名前がでてきてびっくり。中東さんは橋本さんの畑に野菜を見に来たりするそんな仲なんだそう。私も嬉しくなってきて、いつか行きたい憧れのお店なんですとお伝えすると、こないだここの朝市仲間と食べにいってきたで、なんてサラリと。予約がちっとも取れない超有名店なのに!もちろんこういったお二人の間柄だからこそ、融通がきく訳ですよね。

それにしても、こないだ手にした本から時間を経てまったく別の方からそのお名前がでてきたりすると、ここ最近のシンクロ率の高さにびっくりです(慣れたけど)。

寒川へ帰る前に花灯路の見物。いつも拝見している玉葱ぽんさんの3/15のブログで紹介されていて、こりゃ行かな!と。次の日で終了してしまうので見られてラッキーでした。

生けられたお花の艶やかさや会場をずっとつなげる灯籠のほのかな光に、一足早い夜桜を味わっているようで、会場に来ている方のお顔は皆ウキウキしていました。もちろん私もニコニコです!
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-03-23 13:08 | 京都&西 日々のこと | Comments(0)

大修理が終わって

c0038170_11335297.jpg平成の大修理が終わって、金堂も盧舎那仏さまも千手観音さまも薬師如来さまも、すっかり落ち着いたご様子でした。

事の発端は芸術新潮の2009年12月号を読んで。私がもしこの修理に携わる人間だとしたら、どれだけ素晴らしい経験を重ねられたことなのだろうと、とても感動しました。

きっと、お招きいただいたのだと思います。ちゃんと唐招提寺まで辿り着きました。春風が強くて初夏の気配も感じられるほどの暖かい日。朝一番で奈良入りし、宿に荷物を預け猿沢池の近くでの朝の散歩はとてもやわらかな気持ち良さでした。

対話をさせて頂き、教えをいただきました。目にしたもの全てが語りかける、智慧なのかもしれません。私はそのほんの一部をすこし、見せて頂いた。その奥をもっと知りたいと思った。

時間と空間の交差点に立っているような不思議な感覚。

私は出かける前から、そわそわするような不思議な気持ちで一杯でしたが、町を歩いて解りました。

奈良がすごく好き。でした。子供が言いそうな、なんとも拙く単純な表現ですが、これが全てです。

訪れるのは中学の修学旅行以来なので、2度目。自分の意志で計画して出かけた訳ですが懐かしくて帰ってきたような気持ちはなんなのでしょうね。とても不思議。

また逢いに訪れたい場所が出来るのは本当に素敵だな。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-03-23 11:37 | 京都&西 日々のこと | Comments(0)

上賀茂神社の手づくり市

c0038170_11124763.jpgひょんなことから京都で知り合いができ、今月はそんな彼らの飲み会に誘ってもらいました。

集合はこの間の日曜日。折角出かけるので朝から京都入り。
毎月第4日曜日は上賀茂神社で手づくり市が開かれているときいたので、3月に出店する寺田本家さんでのお蔵フェスタの参考に出かけて来ました。

市が始まる9時に見始めたのですが、パン屋さんやお菓子屋さんなど人気のお店はすでに人だかりが。。品物がお昼まで残っていない、というのもうなずけます。

私はマクロビオティック、ヴィーガン、オーガニックのアンテナでお店を探してぐるぐる。

こちらの3軒で美味しそうなパンやマフィンを買わせてもらいました。

c0038170_1113420.jpg
素材菓子Originさんで甘酒むしぱん。
Orijinさんは蒸し菓子専門のお店。ほんわりやらかい生地にあんこが入ってとても美味しい!
蒸し直すといいですよ、と教えて頂きましたが家に持ち帰るまでに我慢出来ませんでした(汗)。


c0038170_11131892.jpg
2軒目はCUROさんで酒粕麹を使ったシンプルなベーグル。パチンパチンの表面をちぎって齧ると、もちり。優しい良い香りのするベーグル。砂糖は使っていないということなので、このふんわり優しい甘さは酒粕酵母と粉のため?とても美味しい。
オーナーさんはとても素敵な女性。以前マクロビオティックをされていたそうです。安心して食べられるパンを作っているんだな、と嬉しくなりました。


c0038170_11133368.jpg
3軒目はRadio Bagelさんでキャロットマフィン。卵や乳製品は生地に使っていないけど、トッピングにはクリームチーズをのせています、、とのこと。って乳製品使ってるのね。
でも!キャロットマフィンにはやはりクリームチーズのトッピングは欠かせません!
マフィン好きの血が騒ぎ、購入。
たっぷりのレーズンに胡桃、スパイスの香りも効いてます。美味しく頂きました。

どうやら手づくり市出店常連さんがたがいらっしゃるようです。機会があればまた訪れて、素敵なお店に出逢おうと思います。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-01-27 11:32 | 京都&西 日々のこと | Comments(0)

京都カフェ巡り、街歩き 〜その6

c0038170_13452714.jpgc0038170_1345422.jpg素夢子でのランチは、有次で買った包丁を研いでもらっている間の待ち時間でした。

私にとって大事な買い物。他の方はどのようか解りませんが、私はやっぱりとても神妙な気持ちで、緊張して選びます。お店の方も手際良く要点を押さえて説明して下さるので、選ぶのも、決めるのもとてもスムースでした。

これからずっと使い続けるものを選んだんだ、ってじーんと嬉しい。

また一丁ずつ買い揃えていく時は、こんな気持ちになるのでしょう。

ランチを終え、包丁を受け取りに戻り、
店を出て錦市場を歩いているとふつふつと湧き上がるような喜び。

焦らず、一つずつ丁寧に、心を込めて。

日々の暮らしも、料理も、私自身も。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2009-11-14 16:57 | 京都&西 日々のこと | Comments(0)

京都カフェ巡り、街歩き 〜その1

c0038170_2123302.jpg
c0038170_21235991.jpg京都に行って来ました。

ちょうど去年の今頃にも出かけたので、秋の京都は一年ぶり。

寒暖の差があったので、一昨日よりも昨日の方が紅葉は綺麗でした。

初日は大好きな静原里の市へ出かけておうどんを食べたり、持って帰れそうな小ささのお野菜を買ったり。市内へは大原を通って戻ったのですが、日曜日だから?大原の道の駅も混んでました。山の緑も黄金色や茜色が混じって、空の青と白に良く似合ってた。

市内へ戻ってさて街歩き。ブラブラしていたら雨が急に降り出してきて、雨宿りのためBivi二条に駆け込み。

Bivi二条にほど近い雨林舎に寄って見たかったのですが、大雨で、通りのすぐ向こうにあったのですが傘もなくなんとなく断念。また次回のお楽しみにとっておきます。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2009-11-04 21:32 | 京都&西 日々のこと | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧