カテゴリ:京都&西 カフェのこと( 13 )

京都カフェ巡り、街歩き 〜その3

c0038170_2132168.jpgc0038170_213376.jpg私の住む町の氏神様がいらっしゃる寒川神社へ折あるごとにお参りに行きます。

調べてみると寒川様同様、今宮神社にも稲田姫尊がお祀りされているよう。
素盞鳴命や稲田姫尊、この国の昔物語の登場人物たちには、距離はさほど関係ないかも。私たちの思う力が彼らを生き生きと蘇らせる。

そしてここもカフェ。喫茶といったほうがいい?

座敷に上がって足を伸ばす。あぶり餅に甘く香ばしいたれを絡めてパクリ。時々市内地図とにらめっこ。

右の店と左の店どっちが違うの?解りません。

私は左が好き。どちらと問われればいつだって左を選んで来た。

だから、かざりや派。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2009-11-07 21:59 | 京都&西 カフェのこと | Comments(0)

京都カフェ巡り、街歩き 〜その2

c0038170_212159.jpg満月は、人も満ちてくる。
月の満ち欠けを少しだけ意識して生活。
なにかわからないけれど、それでもなにか解った気になって暮らす毎日。

これは解る、というものは、満月の日はなぜかソワソワする、ということ。まあるい月を眺めていると、ソワソワして落ち着かない。
嬉しい、駆け出したい、温かく広がる優しさ?よりももっと違う溶け出すような本質的な欲望。
夜の海に木の葉がくるりくるりとゆっくり沈むみたいに、揺れる月の陰を温かい海水越しに仰ぎ見たい。
足りない何かを埋め合わせたい。柔らかないい匂いの毛布に包まれたい。

c0038170_21212385.jpg予約をして伺ったお料理屋さんでの夕ごはんは、次に活かせるヒントがたくさん。
おなかも気持ちも満たされていい気分で、宿のある鞍馬口通りへ。
さらに夜カフェをするべくさらさ西陣の扉をあけると「いらっしゃい」の声。あつあつの番茶レモンをずずと啜り一息つく。
ふう、一日、長かったね。

船岡温泉でたっぷりの湯に浸かっても宿は目の前だから、いくら遅くなっても構わない。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2009-11-06 21:57 | 京都&西 カフェのこと | Comments(0)

ひさしぶりの旨いチャイ

c0038170_20212583.jpg先月末に久しぶりに京都へ行ってました。

夜な夜な、宿の近くにある怪しげなカフェでのんびり書き物したり、猫撫でたり。近くの銭湯でさっぱりしてから出かける先は汚点紫。しみむらさきって読みます。空き缶アートに飾られた古くさい引き戸をがらりと開ける最初の勇気さえあれば、このお店のchillな雰囲気と旨いチャイにありつけるのです。

十分煮込んだチャイは甘さもスパイスも効いたピリピリこっくりな味。もう肌寒くなってきている夜に飲むのに良く合うんだ。カフェオレボウルのような大きな器にたっぷり。両手でくるんでふうふう一口。思い出したようにノートにペンを走らせてはまた啜り。

私の好きな夜が続きます。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2008-11-04 20:40 | 京都&西 カフェのこと | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧