「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:京都&西 カフェのこと( 13 )

ミャウゼに行きたいな!

c0038170_17562118.jpgぐーぐー。。。

なんだかよく分らない写真とは思いますが、センターをじっと見ると。

c0038170_17583620.jpg
ぐーぐーぐー・・・。。

ご近所の農家さんの梨の木によじ登り、そしてお昼寝。。。このあとくるっと体勢を変えてこちらに顔を向けながらさらに眠っていて可愛かったです。まだ10ヶ月くらいの、中学生みたいな若いぶち猫さん。ちかごろこのあたりをテリトリーにしていて、ばったり出くわしてもピューンと駆けていってしまいます。仲良くしたいのに。。なでなでしたいのに。。

いつもこっそり拝見しているこうめちゃんブログで素敵なお知らせをしています。

ミャウゼ「お寺で楽しむ猫好きによるイベント ウィーンのコーヒー×猫アート」

11人の作家さんが「猫とわたしのいるところ」をテーマに素敵な作品を発表されると!

そして、わたしも初めて知りましたがウィーン伝統のコーヒー、カールスバーダーカネを楽しむコーヒーセミナーもあると!

開催場所は京都。安楽寺 椛さんと、哲学の道沿い、ギャラリー花いろさんで。安楽寺さんを北にちょっと上がると法然院さんがあります。

猫×コーヒーなんて、なんとわたしの好みにど真ん中なイベント・・・

開催日は2014年10月22日(水)〜26日(日)。紅葉にはまだ少し早いだろうけれど、過ごしやすい気候の頃と思います。ご興味おありの方はぜひ足を運んでみてください^^
[PR]
by pieces_Yoshino | 2014-09-04 18:32 | Kyoto & West cafe | Comments(0)

心より

京都へ行くと、ベースはいつも北区、紫野界隈。
さらさ西陣も、初めて京都とご縁が出来たときに連れて行ってもらった場所。
あるいてあるいて疲れたときも、
お風呂屋さんによってほっと一息つきたいときも、
ちょっと考え事をしたいときに寄りたいときも。
待ち合わせの時間に余裕があるときも。

そんな使い方をさせてもらった。

そんな素敵なカフェを作られた、岸本哲さんの訃報を知りました。

直接お会いしたことはもちろんないけれど、
初めてご縁のできた土地で、
いろいろと心細かった当時の私が覚えた、初めてのお店。

その後、ご縁を作って下さった方とは縁が離れてしまったけれど、
京都とのゆかりは小さくもあたたかく繋がってる。

また、さらりと訪れたときは、変わらずほっと出来る場所であると思います。
私たちにこんなに素敵な場所を作ってくださり本当にありがとうございました。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2012-02-15 19:05 | Kyoto & West cafe | Comments(0)

すだち氷

c0038170_7235774.jpg

京都で、一度は行ってみたいと思いつつ
なかなか足を向けられなかった中村軒さん

氷をたべにいきましょか!と気合いを入れて
照りつける日差しのなか、日傘をさしさし、桂へ。

午後4時も過ぎたというのに、溢れ返るような人の行列が。
みんな食べに来たかったんだなあ、、、

しばらく待ちましたが、案内されたお座敷はこじんまりとしていて
居心地良かったですよ。

8月はすだちの蜜をかけた氷。

たっぷりふわふわの氷に香りの良いすだちの蜜は、甘露。
サクサクと削っては口に運ぶたび、暑さで火照った体がシャンと整ってきました。

気になることを一つずつ知っていくのって、とても幸せなことだと思う。
それが、今まで歩いたことのない裏の路地一本でも。

かき氷を食べに行くまでに、出会い知っていったさもないあれこれ。
待ち受けていることにすこし、愉しい想像を膨らませて、歩いて行くのが好き。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2011-08-31 07:44 | Kyoto & West cafe | Comments(0)

Cafe蜜柑

c0038170_1447390.jpg

行ってみないと分らないことって、本当に多い。
そして、バイアス、というか、先入観なしでいられることのなんと少ないこと。

このCafe蜜柑も、バイアスあり、で出かけたお店。だってこのホムペみたら、ちょっとどうよ?って思うさ。

そして、見事に素敵に裏切られた(笑。

京都はカフェがほんとにあちこちあって、
いつも誰かがまた新しいカフェを作ろうと目論む、超激戦区。
だからいくつも試してみて、自分の気に入りを見つけていくんだけれど、
このお店は、若くて、これからで、一つずつ積み上げてる最中。
でも、コレがしたい、とビジョンが明確なのが、とっても伝わってくる。

その眼差しが、私が好きな眼差しだっただけなんだけれど。

訪れて幸運だった!って思えるお店にまた巡り合えて、そんな私もやっぱりラッキー!なんだなあ。

雪が降る夜に訪れて、
仕事帰りのサラリーマンがカレー食べながら漫画読んでて、
風邪ひいたお友達が、出来立てのハンバーグ定食を、鼻をぐずぐず言わせながら食べてて、
近所のお母さん達が子供連れて夕飯。女同士のおしゃべりしたいから。

私は、バニラティーを頼んで、いつものノートにこれまで起こった出来事を書き込んで、今日という日を振り返りこれから数時間後の未来を作り出す。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2011-03-14 15:15 | Kyoto & West cafe | Comments(0)

月と六ペンス

c0038170_21133769.jpg
向かい合わせのテーブルがまるでないカフェ。

全ての椅子が表に向かって一つひとつ配置されている。

本を読むための、心の言葉をノートに綴るための時間に費やすカフェ。

パラリと程よく加減して振る塩胡椒くらい。

それくらいのボリュームのBGMがかかっていて、それは私たちが静かに、だけど夢中で過ごす一つの時間にちょうどいい味加減。

コーヒーが、とても美味しい。
大好きなシュンヤさんの抱コーヒーによく似ていて、ほっと安心した。

腕のいいロースターさんの影がチラリ。

そしてオーナーさんが美味しい一杯をきちりといれている。


月と六ペンス
住所 中京区二条通高倉西入る松屋町62 杉野ビル201号
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-07-07 21:34 | Kyoto & West cafe | Comments(0)

not Mint Julep, it's Mint July

c0038170_619492.jpg


シロップはため息が出るくらいに甘くて、
透き通ったゆらゆらの寒天は、それとは反対にほとんど無味。

甘さの重さで碧色が歪み、
匙でそっとまぜて、さくりゆるりと切り取られたたくさんの断面に私が映る。

ハッカ味、祇園祭、蒸し暑さと黒光りする家の戸格子に、打ち水の艶。

大極殿本舗 栖園
住所 中京区六角通高倉東入ル南側堀之上町120
電話 075-221-3311
定休日 水曜日
時間 10:00〜18:00
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-07-04 06:37 | Kyoto & West cafe | Comments(0)

cafe milletと大豆レボリューション

c0038170_11315550.jpg去年も暮れのお話。

静原のカフェミレットさんにお邪魔してきました。
隣町の大原に暮らすベニシアさんのご本を本屋で何気なく手に取ったのがきっかけの思いつき来訪。

c0038170_11321440.jpgのんびりとした山間の中、大きくて素朴なお宅では、暖かい薪の暖炉に大きな書棚が印象的でしたが、アンティークの家具やお父様やご主人が作られた作品など、日頃の暮らしと重ねて楽しむアートなものもたくさんありました。

c0038170_11322693.jpgそんなミレットでは素敵にほっとする菜食料理のお昼をたっぷり頂くことができました。
初めて訪れた私たちにも自然体で接してくださったオーナーご夫妻。
愉しい会話と大きな窓から見える刈りとり済みの休耕田、ツリーハウス、冬山etc。

日本の原風景とこれからの私たち日本人の食のあり方をしっかり見据えて活動しておられる樹里さんたちに、心もおなかもとても刺激を受けた時間となりました。

なぜ去年の出来事を今アップするかというと、

カフェミレットさんで教えて頂いた大豆レボリューションが、ここ湘南でもしっかり活動していると知ることができて、来月そのレボに参加されている湘南がんこばたけさんの手づくり味噌ワークショップに参加することにしたからです。

味噌は誰でも手づくり出来ます。味噌は毎日頂くものです。味噌は大豆と麹と塩と時間で出来ます。大豆を畑で、それも私たちが住む場所で育てたものを使って、それを毎日の食事に生かすことは何も、本当に何も特別なことではないと思います。

あたりまえのことに戻るだけ。

そういうことに今とても共鳴しています。

そうそう。写真はどれもカフェミレットさんで頂いた美味しい菜食料理。ボリュームたっぷりで、やさしい味付けが樹里さんらしいです。ほかにもスープ、デザート、煎りたて挽きたてのコーヒーも頂いておなかパンパンに。

帰りがけに樹里さんがかけて下さった言葉が「ゆっくり、焦らず、楽しんでやっていきましょう」でした。不思議とそのときの私の気持ちにピタリとしたのを覚えています。

市内からは車が便利です。是非、予約をして訪れてみてください。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-01-31 11:48 | Kyoto & West cafe | Comments(0)

はちはちInfinity Cafe

c0038170_23281829.jpg
c0038170_23285644.jpg猛烈に寒い京都の朝。宿の湯たんぽが心地よく、なかなか布団から出られない朝。曇り空は昨日の晴天とはうってかわって、芯から冷える空気を街一面に満たしていく。
前から行ってみたかった、千本通り沿いの一風変わったパン工房カフェ。西陣は歩きなれているけれど、このお店にはちっとも気がつかなかった。今日は、きちんと場所も調べて、とにかく暖かいスープにありつくために必ず訪れる!決意を持って。c0038170_23293310.jpg健康のためとか、そういったことは考えたことはないけれど、パンは不思議と噛みごたえのある茶色いものが昔から好きだった。全粒粉のものやライ麦でこしらえたパンが好きだった。もちろん今も。大好き。

はちはちInfinity Cafeはそんな味わいのあるドイツパンをこしらえるパン工房。

ストーブ三台もついているのに、寒がりの私はお茶を頂ける座敷でもがんがん燃えた一台の前に陣取りついでに膝掛けもたっぷり。お願いした本日のサンドイッチにはカレー風味の野菜スープ、はちみつを塗ったり良い香りのするバラ模様に削られたチーズをのせたライ麦パン、ブルーチーズで和えたほうれん草やサラミをのせたカンパーニュ。ふうふうしながら汁を啜りパンを頬張りストーブの熱に体を温める。

オーナーさんのピリっとした仕事ぶりに、のんびりした気分と、すっと居住まいをただしていようと思う気持ち半分コの不思議な空間。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2010-01-28 23:53 | Kyoto & West cafe | Comments(0)

京都カフェ巡り、街歩き 〜その5

c0038170_2173162.jpgc0038170_2174312.jpg烏丸三条交差点にほど近い、素夢子古茶家でランチ。外はお天気雨で、どしゃぶり雨に青空から覗くくっきりとした雲、たくさんの滴に陽光がきらきらと刺して、濡れた通りは不思議な高揚感。

精進ビビンパプのお昼。ぐちゃぐちゃによく混ぜてパクリ。おつゆは冷たくて酸っぱくて甘かった。お天気雨と急な寒さに、おつゆは温かいものが良かったな。そして、出来れば塩気のお清しであって欲しかった。。でもここは素夢子。きっと韓国ではこういう酸っぱ甘いおつゆがあるのでしょうね。

実は素夢子に来る前に錦市場で大事な買い物をしました。「よし!」という決意。それはまた次に譲ります。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2009-11-10 21:27 | Kyoto & West cafe | Comments(0)

京都カフェ巡り、街歩き 〜その4

c0038170_21271820.jpgc0038170_21273366.jpg朝スタバ、です。宿は朝ご飯はついていません。でもこちらには好都合。
街にはたくさんの美味しいパン屋やコーヒーショップがあるので、
どこで朝ご飯にする?なんて愉しく悩めるから。

なのにスタバ?

実は写真のスコンは、スタバのものではありません。

browny bread & bagelsさんの、全粒粉でできたプレーンなスコン。
北大路バスターミナルにほど近いベーグル専門店さんです。
美味しいと評判を聞いていて、京都に行ったら買いに訪れたかった。のですが。
なんとなく、ベーグルよりも素朴に並んでいるスコンたちに心魅かれてしまいました。
この朝はプレーンスコンでしたが、
ザクザクほろほろな全粒粉の歯ごたえが美味しかったので次の日も再訪。
紅茶フレーバーの同じく全粒粉スコンを買ってしまいました。
これは街歩きのおやつ用。

お店はとても混んでいて、
みなさんベーグルをたくさん買い込んでいるというのに、
私といえばぽつりと一つだけスコンをトレイに載せて(汗)。
[PR]
by pieces_Yoshino | 2009-11-08 21:45 | Kyoto & West cafe | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧