味噌作りに参加

c0038170_1742411.jpg
先月のことですが、知人の方のお味噌作りに初参加しました。ひと月前はずいぶん寒い日が続きましたが、味噌は冬の寒い時期に仕込むのが良いそうで、ちょうどいい頃合いだったようです。

c0038170_17502521.jpg身の周りの調味料を(安全で質のいい美味しいものへ)見直しているうちに、手作り味噌に興味を持つようになりました。作業前のイメージでは「難しそう。。。」でしたが、作ってみると「あら簡単!」。用意するのは茹でた大豆(と茹で汁)、そして麹に塩の3点。教えてくださる敬子さんは20年味噌を作っている味噌作り名人です。肝心なのは、麹が死なないように大豆を適温で作業することと作業道具(手も)および容器をきちんと消毒すること。これは度数のある焼酎を使います。もちろん、いい大豆(新豆)と美味しい塩も不可欠。
c0038170_17503830.jpg茹でた大豆はあれば挽き肉機か、ポテトマッシャーですりつぶすことも大事だと教わりました。フードプロセッサーなどで粉砕するのはNG。切り刻むのではなく、すりつぶすことが大事なのだそうです。茹で汁で固さを調整しながら大豆と塩、麹をまんべんなく混ぜたら、大きめの団子にして容器のなかへバン!バン!と空気を抜きつつ叩き付けながら入れていきます。あとは落としラップをして塩を敷き詰めて蓋をして半年ほど寝かせて完成です。

このあと去年仕込んだ味噌で作った味噌汁を美味しくいただきました。小さなことですが、恒例行事と呼べるようなことがまた一つ増えてとても嬉しいです。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2008-03-13 18:20 | 湘南&東 日々のこと | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧