ホームメードグリッシーニ

c0038170_1217125.jpg
休日の美味しい手仕事にいかがですか?グリッシーニのお話です。



c0038170_12193752.jpgとびきり美味しいsalumi(豚加工食品)が手に入るベイエリアのマーケットは本当に羨ましい。Fra' Mani Fatted Calf のような地元の生産者が作るsalumiが手に入れば、お家でも簡単に素敵なイタリアンスタイルの前菜が準備できるというものです。ソプレサッタにプロシュートにモルタデッラ、それにオリーブを何種か。ペペロンチーニのオイル漬けものせて、そしてスティックパンをあしらえば、これで一皿目は出来上がりなんですから。

でも、そんな素晴らしいsalumiには、パッケージ入りの市販のスティックパンではちと味気ない。とびきりのsalumiにはやっぱりホームメードのグリッシーニが一番。そう、グリッシーニはお家で作れるのです。

グリッシーニを店で手作りしている所では、サンフランシスコにあるイタリアンカフェ&レストランのEmporio RulliPerbaccoがあります。Rulliではグリッシーニを2本ずつ丈の高いグラスに入れて、加工肉やグリーンオリーブ、ドライいちじくのコンポートと合わせて出しています。「みんな、スティックパン目当てにくるんだけどね」とはオーナーのGary Rulliさん。「よく聞かれるんだけど、うちでは販売はしてないんだよ」お店に出かけてフレッシュなスティックパンを食べるしかなさそうです。
c0038170_15283559.jpgPerbaccoでは、一日に二千から四千本のスティックパンが焼き上がりますが、その大量のスティックパンを焼くためだけの仕事をする人をわざわざ二人も雇っているのだとか。量が量なだけに、さすがに手作業で成形したりはせず、フェットチーネカッターを付けたパスタマシーンを使用。家で作るときは量も家庭で食べる分だけなので、手で成形するほうがずっと楽でしょう。

Emporio Rulliでは、コクのある香ばしさを出すためにセモリナ粉を少し加えているそう。そしてオリーブオイルやバターを使うことで、風味のあるカリッとした歯ごたえになるのだとか。

スティックパンを美味しく焼くコツは、全体をムラなく十分焼くこと。焼きが不十分だと、美味しさが長続きしません。それとスティックパンは常温で3日か4日程度保存できますが、スティックパンが入る大きさのフリーザーバッグがあれば、冷凍保存も可能です。

Perbaccoでは、Carol Fieldの著書 "The Italian Baker''のグリッシーニレシピを少しアレンジして焼いているとのこと。こちらにCarol FieldのグリッシーニレシピとEmporio Rulliのレシピがのっています。この休日に焼いてみてはいかがですか?
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2007-06-22 17:40 | 湘南&東 日々のこと | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧