トマトの冷製

c0038170_20221357.jpgトマトが出盛りです。サラダにしたり、肉や野菜と煮込んだり炒めたりと色々ありますが、今日はちょっと違った食べ方です。

使うのは小さめの完熟トマトかプチトマト。ヘタをとり、ヘタの反対側:丸みのトップにナイフで十字を薄く入れます。沸いた湯にトマトを入れると、切り込みから皮がむけてきます。すぐに冷水にとり、皮を取り除いて水気を切っておく。あとは濃いめの梅酒にトマトを浸し、味がしみるまで冷蔵庫で冷やすだけ。梅酒は水で割らずにそのままこっくり甘いほうが、トマトの水気に負けずしっかり味がつくみたいですが、お好みで。
c0038170_20181997.jpgそして、トマトは浸け地に入れてもぷかぷか浮いてしまうので、上から落としラップをして汁が全体に回るようにします。今日はチョーヤの梅酒(小さな飲み切りタイプ)に、はちみつを足して。でも、私にはちと薄いかな。お酒に酔ってしまう人は鍋で一度沸かし煮切ってから使うといいかもしれません。

ちいさなお猪口やグラスに入れて前菜にしたり、きれいな葉を敷いて焼き物のあしらいにしても素敵かな。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2007-06-20 20:52 | dine | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧