月兎スリムポット@かっぱ橋道具街

c0038170_17405757.jpg今までコーヒーをいれる時、普通のやかんから直に湯を注いでいたのですが、どうにも使いにくいと思っていたところ、友人のコーヒーマスターミズノ氏からコーヒーポットのアドバイスを頂きました。



湯を注ぐポットは注ぎ口の長さ、角度等々いくつかポイントがあるのだそう。注ぎ口が長過ぎても短すぎても湯が流れるスピードを調整しにくいのです。これ、実感。そこでいろいろと調べた所、キッチンに馴染みやすい形と色をしたこのポットに決めました。株式会社フジイから出ている月兎印のスリムポット。


c0038170_17541994.jpgネット通販でも良かったのですが、折角なので上野駅に程近いかっぱ橋道具街へ観光ついでにいざ。それにしても、この商店街は面白い。人待ち顔に店先に立つご主人たちは、夜店の屋台のおじちゃん・おばちゃんとよく似ているのです。ちょっと、そんなに見てたら、店に入りにくいじゃありませんかっ!歩道にはみ出るほど置かれた商品は、専門店の違いこそあれ、あまり大差はないのですが(私もモチロン)ここを訪れる人達は掘り出し物を見つけようと、あれこれ引っくり返したり試したり。外国人観光客や、ひやかし半分の日本の人たちに混じりながら眺める数えきれないほどの料理道具や食器が、ちょっと芝居がかったこの商店街の雰囲気を生み出しているんですね。

家に着くと早速手に入れたポットで試飲会。注ぎ口からゆっくり流れるお湯がコーヒー粉をじんわり蒸らしてくれます。いつも以上に、美味しいね。なんて、ポットを褒めながらまた商店街の話をしたりして。


c0038170_1884572.jpgc0038170_1893417.jpg
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2007-02-11 18:37 | 湘南&東 日々のこと | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧