もって菊

「もって菊」はいわゆる食用菊のこと。「もってのほか」から「もって」、と付けられたようですが、菊は天上の方の御紋でもあるので、その菊をたべるなんてもってのほか、なんていう説もあります。私は、店先にこの食用菊が出回ると「秋だなあ」と嬉しくなるのです。

白や黄色の菊がありますが、私は紫色がお気に入り。花びらだけ(が食べる部分です)をむしって、小さな虫がまぎれていたりするのでサッと水で洗ってから、沸騰したお湯でさっと茹でます。お湯には酢を少し入れると色よい仕上がり。これを冷水にとってシャッキリ冷ませば、OK。ぎゅっと水気を絞って使います。もちろん茹でずに生食も良いのですが、茹でておいた方が使いやすいもの。

紫菊は茹でると色がとても鮮やかになります。この茹でた菊の花びらを甘酢につけておくと酢が綺麗なピンク色に染まって素敵。ごはんに、甘酢につけた菊の花、ぎんなん、白胡麻を混ぜれば、秋らしいまぜごはんに。

私は、塩味を強くした色の薄い餡に、茹でた菊を混ぜて、お豆腐や小芋などのあんかけにするのが好き。いつもの湯豆腐やお芋がおよばれ風です。黄菊を茹でてきゅっと絞ったのを、刺身の薬味に添えれば、わさびを溶いたお醤油にパッと散って、秋、ですよね。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2006-09-16 21:26 | 湘南&東 日々のこと | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧