2015年の梅仕事

c0038170_18242078.jpg
今年は、おらが町・寒川の梅を使って三種類の作り方をしました。

◎梅の塩漬け←梅干し用、

◎梅のしょうゆ漬け、

そして

◎梅ジャム

です。

梅のしょうゆ漬けと梅ジャムは初めて作りました。
ジャムはとてもおいしく出来ましたよ。手前の瓶ふたつがそう。
青いフタのしてある容器に入れたしょうゆ漬けは、一ヶ月後の味見を待ちます^^
きっと上手くいくはず!楽天的です。

ほんとうは、梅の味噌漬けというのもしてみたかったのですが、
冷蔵保存が必要だということで、スペースもなく断念。。

覚え書きとして、梅のしょうゆ漬けと梅ジャムの作り方を記。

◎しょうゆ漬け
青梅を洗い、なり口の枝を取り水気をきちんと拭く。
梅全体を楊枝で刺したものを容器に入れ、しょうゆをかぶるまでそそぐ。
冷暗所で保管。一ヶ月後くらいからしょうゆに梅の風味も移り、
実も食べられるようになる。
梅はそのまま醤油に漬けたままで大丈夫とのこと。

◎梅ジャム
洗った黄梅、もしくは一晩水に漬けて追熟させた梅のなり口の枝を取り、
琺瑯鍋に入れ、かぶるくらいの水をそそぎ火を付ける。
沸いてくると、アクが沢山出るのできちんと取る。
梅の皮が破けて、箸でつまむとくずれるように煮えてきたら、ザルにあける。
しゃもじや木べらなどでざっと漉すがあまり神経質にならない。
種の周りの実もこそげ落として一緒にする。種はよけておく。
漉した梅を計量し、総量の八割ほどの砂糖を加えて良くまぜ、
鍋に戻し点火。
焦げ付かないようにかき混ぜながら、
沸いたら、ふつふつが続く程度に火を弱め、
かき混ぜながら10分ほど煮る。
ヘラにとろっと濃度がついて来たら出来上がり。
冷めるとトロミが濃くなります。煮沸消毒した瓶に入れて完成。


※ジャム、わたしは今回きび糖を使ったので出来上がりが黒っぽい色ですが、グラニュー糖などを使えばもっと黄色みを帯びたプラムらしい色になると思います。

市場でまだまだたくさん出ている梅を見ると、
今年はもうちょっと漬けてみようかな!?と思います。

保管庫のスペースと相談しながらね。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2015-06-09 21:23 | Shonan & East daily | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧