いただいた梨でコンポート。

c0038170_133277.jpg
ご近所さんは梨農家さん(寒川は梨の名産地なのです^^)。先日家族が手みやげ用に購入したら、B級品を一袋頂いたようです。

普段は皮をむいてそのままシャリシャリぱくぱく。。今回は生で食べる以外のことがしたく、お菓子にも使い回せる洋酒漬けにしようと思い立ちました。イメージはパウンドケーキに混ぜて使うような、ドライフルーツの洋酒漬け。

あいにくラム酒は切らしていて、代わりに、昨日の日記に書いた化粧水で使った日本酒の残りを利用。洋梨とは違う和梨なので、きっと清酒が合うでしょう〜♪・・・でも、梨の洋酒漬け(日本酒だけど)ってどうするんだろう??ネットで調べると、一旦火を通すやり方をしている方を何人もお見かけしたので、わたしもそれを試してみる事に。

c0038170_1353651.jpg
梨のほかには、レーズンも用意。皮と軸を取ってざっと刻んで鍋にいれ、きび糖をふりかけ火にかけます。梨が正味一キロほど、きび糖は大さじ四杯くらい。量は適当です。
c0038170_13241178.jpg
火にかけて、中火の強火で混ぜながら五分ほど煮ていきます。そうそうこの量で、塩(さらさらの)も三本指の多めひとつまみで二回入れたかな。煮汁の味を見て、甘みが締まって感じられる程度入れました。塩の量もこれまた適当。

火をかけるとあっというまに果汁が出てきます。そこへレーズンをイン!汁気を全体に回すようにかき混ぜながら火を通します。しゃりっとした加減が残っている方がいいかな、煮るのは五分。

c0038170_13345548.jpg
あとは火を止め、粗熱を取ります。この段階で味見。シャリ感が残ってこっくり甘みがあって、イケます。
仕上げに日本酒を二合ほど加え、保存袋に入れて冷蔵庫へ。

移し替えるとき、まだほの温かいコンポートとあわさってお酒の香りが立ち上り、酔っぱらいそう。。

c0038170_14171975.jpg
保存袋で全体に汁気が回っているので、ときどき開けて混ぜ返す必要はなさそうです。とりあえず一週間ほど寝かせてからまた味見をしてみようと思っています。

さて、何に利用しよう。。このコンポートを包んだ三つ編みパンなど、オイシソウではないか。。パウンドケーキやカップケーキに入れるのもいいよね。わらび餅やみつ豆に添えてみるのはどうだろう??

ソテーしたお肉類のソースベースとして利用してもきっと合いますよね。ベジさんたちには、、、。ベジ用お食事にも合わせる方法があればどなたかぜひ教えて下さい^^
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2014-09-03 14:32 | Shonan & East daily | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧