今日は、八月六日。

今日は、八月六日です。

自分なりの思いなので。。
きつい表現が不快に感じる方もおられると思います。
そのようなことが気になる方は、この先はご覧になりませんよう。




広島に原爆が投下され、あまりにも多くの人々が溶けたり、焼けたりして、
あまりにも多くの苦しみを背負わされ、亡くなりました。

想像してみました。

もし自分が67年前に、広島で暮らしていて、
たとえば、夏休みを愉しく過ごしている小学生だったり、
たとえば、畑仕事に出ているご隠居だったり、
たとえば、家族の見送りを受けて出かける会社員だったり、
たとえば、たとえば、たとえば。

友達と川遊びに行こうと約束していた私。
昼飯に、冷えたスイカでもたべようかなと、のんびり思いながら草抜きしていた私。
夜は久しぶりに子供達と遊ぼうかと考えていた私。

どの私も、67年前の広島で、その朝を越えた時を、
もう迎えられる事なんか、
これっぽっちも思ってみなかったにちがいない。

永遠に続くような痛みや苦しみの末に、
この世に別れを告げたとしたなら。
この世に別れを告げたことすら分らず去ったとしたなら。

今朝目覚めて、
昼には自分の家族がもうこの世にいないなんて、
夕方自分がもうこの世にいないなんて、
だれが分るのかな?

一瞬先の未来さえ分らない私たちだけど、

一瞬あと、経験した過去なら、
分かち合える事、学び合える事はある。

大勢が、一時に経験したことならなおさら。

67年前は遠い昔のことじゃあないよ。
一年前の、2011年3月11日は、昨日の事といっていいんじゃない?

今朝の神奈川新聞の一面はオリンピックでした。

誌面を繰ると、広島への原爆投下を記事にしたものは
ずっと後ろの頁にそっと目立たず載っているだけ。
表見出しには、広島、と言う字は見当たりませんでした。
裏を返したテレビ欄も、広島原爆投下を伝える告知は
国営1社の、朝の黙祷と夜の特番でだけ。
民放は、一社も、広島について触れていません。

2012年八月六日は、今日という一日しかありませんが、
メディアが日本国民にもっとも伝えたいことは、
オリンピックということのようです。

原爆投下があったこと。
黒い雨が降ったこと。
長い事私たちの仲間が苦しんで来ていること。

震災を経て、原子力施設が爆発し
日本が放射線被爆しつづけていること。
私たち自身が苦しみにさらされてしまっていること。

知らせたくないのかな?
忘れさせたいのかな??
誰が忘れさせようとしているのだろう?
なんのために?

たとえ親から教わらなくたって、

真我で気づく、この地球で生きる人としての、
善悪を見極める術は、だれもが持っている。

持っているんだよ。

眠る前、今日が終わるそのときに、
ごく小さな仕草でしかありませんが、
私なりの祈りを。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2012-08-06 21:20 | 湘南&東 日々のこと | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧