鎌倉ハウス、大船デート♪

昨日は、ご注文いただいたお弁当のお届けや、仕事場の片付けを早めに済ませて
午後から始まるオオヤさんのコーヒレクチャーへ参加するために、いざ鎌倉〜♪

会場の鎌倉ハウス、とても素敵でした。
鎌倉駅から若宮大路通り沿い・農協連バイの横をすぎ、
ローソンの脇を入って大町へ向かうのですが、
ハウスまでの道のりは、昔からの個人商店、
若い方がされている素敵な雑貨屋さんやカフェ
海が近い鎌倉らしい風情のお店さん、お寺さん等々がある住宅地を歩くのですが、
町並みは、京都に帰って来た!?と思うほど、いろんな意味で京都でした。。。

百八つの石段を上がり切った山の上に鎌倉ハウスはあります。
オオヤさんとそのお仲間さんたちのアジト。
大きな一軒家を借りて、すこしずつ改装しているそうです。

昨日は、ドリップに使うネルフィルターを皆でチクチク手縫いでこしらえながら、
ペルー産の豆をテイスティングしました。

あそこのレストランのあのお皿、こんな風に美味しかったよね!?
いやいや私なら、もう少しこうアレンジするなあ、、なんて
テーブルの上で、友や恋人、家族と、
コーヒーを自分の言葉で語れる人を育てて行きたい、とオオヤさんはおっしゃいます。

私も、自分の言葉で、コーヒーを伝えたくて、
コーヒーと話したくて通い始めました。
昨日の席で、オオヤさんから、アメリカでのThird wave&Fourth waveについて
焙煎家さん目線での話しをいろいろ聴く事ができました。
お話から、メディアで見聞きするのとは、ずいぶんギャップがあると感じました。
雑誌などは、「こう読んで欲しい」という思惑というか、
情報操作ありきですので、まんまと操作されてる自分に気がついてしまいました(笑

あらためて、オオヤさんから西(サンフランシスコ)の話しを聴けて、
ああ、なるほど〜と腑に落ちるとこがあり、
自分が10年以上前にほんの少しだけ経験した
ポートランド、シアトル、サンフランシスコのThe third waveの初期を思い出して、
(その数年後にSFを再訪しましたが、その時も随分変わったように感じたものです)
このギャップ、自分で行って見聞きして埋めるのが一番良いなあと実感。
今思うと、何気なく選んだだけの初めての米滞在先のどれもが、
ムーブメントの最先端になっている今を知るにつけ、不思議な気持ちいっぱい。。
国民性の違いもありますし、コーヒーに関する文化の進み方の違いや、
ビジネスの仕方の違いも随分影響してるみたい。
もっともっと知りたくなってきました。

たくさんのリスが訪れたり、時々鋭く鳴く野鳥の声を聞いたりの、
お山の上の鎌倉ハウス、今年一年お世話になります。

ハウスでのレクチャー後は、大船駅へ戻り、久しぶりのデートv^ー^v
と、いってもお相手は、私の父ほども年の違う人生の大先輩さん。
最近お知り合いにならせていただいたのですが、
お互いにスピリチュアルなことを話せる者同士だと看破いたしまして、
お茶&おしゃべり、というちょっと女子な感じの集いにお誘いした次第。
禅問答のような(もちろん私が弟子です)トーク全開。
すっごく愉しかったです。

そして先輩からこんな本をお借りしました。

サイ・ババのことは、ほとんど知らない私ですが、先輩は、
この本にかかれていることは、ずっと変わらない真理だから、
きっとあなたのためになると思って、持って来たよ。
といってくれました。

とても良い友と巡り会えました。

春、桜が満開な鎌倉。そんな金曜の午後でした。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2012-04-14 12:38 | Shonan & East cafe | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧