大坊珈琲店@表参道

たくさんのコーヒー好きが語る、とても素晴らしいお店。

抱の水野さんも海豚屋の清田さんも、
オーナーの大坊さんをとてもお慕いしている。
大坊さん、大坊さんとしばらく前から会話のあちこちに登場されて
いつかその一杯を頂く機会があるでしょう、とそっとしておいたら、やっと。
大坊さんっていったいどんな方なんだろう。

表参道と青山通りを交差する道のすぐちかく。2階。
毎日の焙煎で上がる甘くて苦い煙がまんべんなく染み付いた店内。

先日初めてネルでコーヒーをいれた私は、
奥様とオーナーがゆっくり丁寧にでもすばやくいれていくネルコーヒーの
手さばきに、釘付け。
静かでコンパクトで無駄がなくて流れて行くみたい。

初めて頂いた記念すべき一杯は、ブレンンドの3。

つぎはブレンドの2を試してみよう。

豆の量で味わいが変わる。一口ひとくちビックリして嬉しくなって。
どうしてコーヒーってこんなに愉しいのかな?

弟子の突然の来店に嬉しくなった大坊さんは、
川口葉子さんが出されたご本「東京の喫茶店 琥珀色のしずく77滴 」
で、ご自身が寄せたコラムを見せてくださった。
そこには焙煎の度合いで見せる、豆の様々な顔が書かれていた。
そして、今挑戦している焙煎でいれたコーヒーを
デミタスで差し入れて下さった。

どう、これ?って、嬉々として語るその顔は、
大好きなことを無邪気に突き詰めていく子供のような顔。
コーヒー職人さんたちにたくさんお会いして来たけれど、
みんな本当にマニアックで、ある意味、変態(笑。
そんなコーヒーの世界にすっかり浸かり切ってる私も、間違いなく変態だわ^^;

大切なことはいつも、大好きな場所で学んでる。

調理場。そしてカフェ。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2011-12-27 18:48 | Shonan & East cafe | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧