豆について

といっても、コーヒー豆、のこと。

嗜好品というだけあり、結局選ぶ人の好みによりますが、
私はやっぱり、知っている人から豆を買いたいです。
焙煎家さんの顔が見えるところから買いたい。

好きなカフェで飲んでいるコーヒーが美味しければ、
そこで使っている豆を買うこともあるし、
お店を開いている焙煎家さんのところへ足を運んで、
好みの豆を相談して試してみることも。
とくに豆屋さんなら、焙煎の程度や鮮度や挽き具合、
いれ方なんかもみんな相談できるので、勉強になります。
豆屋さんも、魚屋さんや八百屋さんと、接し方は同じですよね。

以下、私の目安ですが、、
手に入れたコーヒーのつやはどうかな?
しっとり濡れるように輝いて、
ああこのまま齧りつきたいなあ!と思うようなら安心。
飲み頃の豆かお店で訊くのもいいし、
飲み頃になっているようにお願いしたものを
手に入れてもいいと思います。
お湯をポトポト落として蒸らしたときの膨らみ具合と香りはどうだろう?
むくむくっと膨らんで、目覚めるように起き出して来たら、安心。
私はこのむくむくを、
チョコレートマフィンのようだといつも感心してしまいます。
本当はもっと注意する点はありますが、
それはプロの方や専門書にお任せして。

私は、ノートにいろいろとつけるような勤勉さはまるでないので、
豆を買ったとき、コーヒーを飲んだ時の
その場の情景や感情のゆらぎ、香り、味、そんなものを記憶しておいて、
そういう心地よさをまた愉しみたいので、
今日はあそこの豆でコーヒーをいれよう、
とか、
そんないい加減なやり方です。

味はもちろん最重要なのですが、それは私にとっては最優先じゃあない。
コーヒーが連れてくるいろんなもの、取り巻く全てを愉しみたい。

家では毎朝カリカリ挽いて準備して、ポットに湯を沸かして、
緊張しながら一杯いれて、それを啜るのが愉しみ。
毎回上手にいれられる訳ではないけれど、嗜好品なのでちっとも構いません。
いれるプロセスが好き。
いれる間に想うあれこれが好き。
そういう朝の時間を持てることが好き。
自分が愉しく飲めればそれで十分。

素敵だな、いいな、と思う豆にいろいろと出逢ってきましたが、
私が、また飲みたいな、と思う焙煎家さんのお店、
2軒お知らせしようと思います。
興味がおありの方はお試しになってみてもいいのではないでしょうか。

焙煎香房 抱
珈琲豆屋 京都・ジェントルコーヒー

抱さんは、抱と書いてハグと読みます。千葉の夷隅郡でカフェもしておられます。
始まりは豆を買わせていただいたきっかけですが、
会うたびにコーヒーだけでないものも勉強させてもらう良い友人です。
ジェントルコーヒーさんは、
京都市内でカフェを営む知人のお店で出しているコーヒーに使われています。
彼のカフェで出すこちらのコーヒーは沈むように美味しい。
お店の空気感とマッチしているんですね、きっと。
どちらも深く強めの焙煎ですので、好みはあるでしょう。
2軒ともネットで豆のリテイルもしています。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2011-09-22 10:42 | 湘南&東 カフェのこと | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧