献立帳

献立帳、という辻留2代目主人 辻嘉一さんが書かれた本を手に入れました。

あるお店のご主人とお話をしていたら、
自分はこの人からとても影響を受けました、
と三月書房から出ていた、藍の布装丁の小さな本を出して下さいました。

その方は、コツコツと毎日を、もっとお客様に満足していただくには
どうしたらいいか、ということをやり抜いている方。
私のお師匠(とはご本人には伝えていませんが)。

憧れている人の真似をとにかくすることにしています。

あの人ならこんな時どうするだろう?

お店のご主人は料理屋さんではありませんが、

私はこの方のお店や、お店で出されているもの、お客様との向き合い方、
物の選び方、使い方、生かし方、
そしてそれらを背負って生きるご自身の生き方

そういうものが、眩しいくらい、潔い美しさ。

ご本人は、まろやかでいつもニコニコされていて、
端々からこぼれてくる思いの数々が、
訪れる私たちに、ため息をつかせるのでした。

それはお店を後にした帰り道に、幸せな余韻として。

献立帳ではない本ですが、
嘉一さんの言葉でお気に入りなのは、
「ラーメン食べたことないねん。
あんなもん美味しいと思うようになったら、料理人の負けでんがな。
食べませんね。絶対。
ドッと日本料理でいてこまそうと思ってね。挑戦してます。
(中略)
しかしどうちゅうこともございませんが、日本料理よろしいで」

格好いいなあ。
全霊を込めて日本料理と向き合ってる。勝負してる。

私はラーメンもしっかり食べます^^;

嘉一さんの言葉を借りれば、
黒猫はとてもとても小さな存在ですが、
「ドッと精進料理でいてこまそう」と日々悪戦苦闘しています。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2011-09-09 00:19 | books | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧