8月葉月のお弁当。ゲド戦記。

c0038170_1752317.jpg

黒猫では、毎月一日、十五日はあず(小豆)のごはんをお弁当に入れています。

ごはんの紅色は小豆の茹で汁。
茗荷も甘酢に漬けると色鮮やかな紅色になるんです。

どちらも自然が生み出す素直で優しい色。
植物はいつもニコニコと私たちの心と体を養ってくれます。

次の営業日は8/5(金)です。

精進弁当は、一個 500円(税込み)。
ご注文は営業日前日のお昼頃までに
お電話 090−4625−8907
メール pieces_xoxo@hotmail.com
にてお願いしております。
お問い合わせもお気軽にどうぞ。





今夏の課題図書です(笑。

ル・グウィンの原作を知らずに、
ジブリ作品のひとつとして映画で観たのが初めてでした。
とりとめないストーリーの流れに気持ちが乗らず、
印象はぱっとしないものでした。

ところが最近、ル・グウィンの影響を受けた作家さんたちのファンタジーを読み、
みなさん一様に「彼女の世界観はとんでもない」と。
いったいどうとんでもないのか、
ル・グウィン原作をジブリがどうアレンジしてああなったのかも興味があり、
いまコツコツ読み進めてます。

主人公の住まう世界へ気持ちが入り込む、ということはありますが、
主人公が自分自身じゃないか、と思ったのは初めてかも知れません。

架空の世界、性別も年齢も言葉もなにもかも違う世界なのに、
起こっている出来事さえ初めて知ることばかりなのに、
ハイタカは私じゃなかろうか、と何度も思ってしまいます。
魔法使いなことじゃなくて、
悩む弱さや、影におびえる自分や、乗り越えるための力を探すそんなこと。

読む人はきっとみな自分となにかを重ね合わせられる。

どんな旅になるのだろう。続きが愉しみです。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2011-08-01 17:51 | お弁当 | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧