3月弥生のお弁当です。

c0038170_20515385.jpg
黒猫では、毎月一日と十五日はあず(小豆)のごはんをお弁当にしています。これは京都の風習で、いわれはマメに暮らせるようにということですが、決まった献立を月に何日か持つことは、忙しく家を守る女たちのごはん作りを楽にする手段だったのかもしれませんね。

とはいえ、小豆はその形からも、腎を助ける働きがあります。腎臓は汚れたものを濾過する働きのあるとても大切な臓器。小豆は排出の作用がつよく、冬に溜め込んだ余分なものを体外へ出してくれます。
むくみがちな方は茹でて薄く塩をした汁気の多い小豆汁を毎食少しずつとると効果的です。

マクロビオティックでは南瓜と昆布も一緒に炊いたあずき南瓜は基本食。食箋でも良く取り上げられます。

旬のもの、出盛りのもの、地域でとれた野菜を大切に愉しく調理してお弁当に詰める。
たくさんの方に召し上がっていただきたいし、
野菜を育ててくれている農家さんへの応援になれば、
私たちが暮らす地域への恩返しになれば、

それがとっても嬉しいです。

こんなお弁当も作っていますよ。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2011-03-06 21:36 | お弁当 | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧