小松菜の陰陽

買い出しにわいわい市へよく行くのですが、
昨日の雪のせいか今日のわいわいはおちついた感じです。

売り場には小松菜やほうれん草、かぶ、白菜、ネギ類がたくさん。
いくつもの農家さんがそれぞれ品出ししているので、同じ野菜でもやはり家ごとの違いがあります。

さて小松菜を買おうと手に取ると、その農家さんのものは①すらりと長め。色もあっさりと素敵な緑です。根も落として綺麗にまとめてありました。
それではといくつか出ているものを見比べていたら、反対側の棚にあったものは丈が②ぐっと短く、葉は厚みがありました。色も深く濃い緑で、根っこがぐんと伸びているまま束ねてありました。

ものには拡がる性質▽と縮まる△性質があり、これを陰陽というのですが、
この①と②の小松菜をそれぞれ比べると、①は陰で②が陽だということになるでしょう。

冬は、体を寒さから守る必要があるので、拡がる(拡散・冷える)性質のあるものより、縮まる(凝縮・あたたまる)性質をもつものを選ぶのがいいですよね。

この時期なら①を選んでも、たとえば、おじゃこのような動物性で温まる効果のある素材と一緒に炊いたりするとバランスがとれる。

小松菜を茹でたあと、湯を切って醤油洗いして冷ますと、あとは包丁してちょっとすり胡麻かけたり、厚揚げの炒め物に入れたり。いつもそばにあると安心する野菜。

こういう直売場へ足を運ぶたび思うのですが、いついってもとても賑わっているんです。
茅ヶ崎の海辺の朝市や以前住んでいた横浜のJA直売場、葉山の朝市も名物ですし、神奈川県内では毎週あちこちで産直の野菜売り場が賑わっています。

そしてみなさん何人家族??というくらいたくさん買っていかれています。採れたてのピンピンした元気野菜をみたら私だってあれもこれも!になります。スーパーで買い物ももちろんしますが、やっぱり地元のとれたて野菜を手に入れたいし楽しみたい。農業はもっともっと栄えるし私たちも支えていくことが出来るんだ、って感じます。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2011-02-15 17:40 | 湘南&東 日々のこと | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧