ラマコーでポエトリーな夜

c0038170_226637.jpg昨夜はLama Coffeeさんでポエトリーリーディングのイベントを聴きに行きました。

湘南でリーディングのイベントを聴けるなんて!と告知前から予約しちゃうほど結構愉しみにしてて。

今回のゲストは村椿菜文さん。マーガレットプレスという詩の季刊誌も出しておられる素敵な詩人さんです。
ラマコーさんのすこし薄暗いゆったりしたカフェの空間にオレンジのスポットライトが優しい。

長いのやら短いの取り混ぜて読まれた詩は、村椿さんのおとぎ話を聞いているようで、あっと言う間の一時間半でした。とつとつと語る雰囲気が好ましかった。

もうだいぶ前にポエトリーリーディングのイベントを聴きに出かけたときは、随分アグレッシブなものが多かった。
難解で受け入れにくくて、う〜ん、芝居臭い?
でも読み方は自由。その人ごとのスタイルだから、どんな読み方でもいいんだけれど、まだ心が幼かった私は、背伸びしてそれらを楽しもうと無理してたみたい。

今は、そのときより少しは、マシかな。

写真はマーガレットプレスの今春号。製本も全て手作業だそうです。素敵に愛らしい栞や表紙が気になって、手元においておきたくて、一冊千円でしたが、手に入れました。
ほかにも手づくりの本で気に入っているのが、ぱんとたまねぎ。おもに左京区限定のパン屋さんやパンにまつわるお話がのった一冊500円の小冊子。「パン屋と本屋」の号をプレゼントしてもらったのがきっかけ。本屋にまつわる話しも好きなパン屋さんの記事も気に入ったけれど、こちらも装丁がなかなか可愛い。

手で作って外へ発信する。

パンも、本も、言葉も料理も。

素敵ね。愉しいね。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_yoshino | 2010-05-22 22:13 | 湘南&東 カフェのこと | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧