cafe milletと大豆レボリューション

c0038170_11315550.jpg去年も暮れのお話。

静原のカフェミレットさんにお邪魔してきました。
隣町の大原に暮らすベニシアさんのご本を本屋で何気なく手に取ったのがきっかけの思いつき来訪。

c0038170_11321440.jpgのんびりとした山間の中、大きくて素朴なお宅では、暖かい薪の暖炉に大きな書棚が印象的でしたが、アンティークの家具やお父様やご主人が作られた作品など、日頃の暮らしと重ねて楽しむアートなものもたくさんありました。

c0038170_11322693.jpgそんなミレットでは素敵にほっとする菜食料理のお昼をたっぷり頂くことができました。
初めて訪れた私たちにも自然体で接してくださったオーナーご夫妻。
愉しい会話と大きな窓から見える刈りとり済みの休耕田、ツリーハウス、冬山etc。

日本の原風景とこれからの私たち日本人の食のあり方をしっかり見据えて活動しておられる樹里さんたちに、心もおなかもとても刺激を受けた時間となりました。

なぜ去年の出来事を今アップするかというと、

カフェミレットさんで教えて頂いた大豆レボリューションが、ここ湘南でもしっかり活動していると知ることができて、来月そのレボに参加されている湘南がんこばたけさんの手づくり味噌ワークショップに参加することにしたからです。

味噌は誰でも手づくり出来ます。味噌は毎日頂くものです。味噌は大豆と麹と塩と時間で出来ます。大豆を畑で、それも私たちが住む場所で育てたものを使って、それを毎日の食事に生かすことは何も、本当に何も特別なことではないと思います。

あたりまえのことに戻るだけ。

そういうことに今とても共鳴しています。

そうそう。写真はどれもカフェミレットさんで頂いた美味しい菜食料理。ボリュームたっぷりで、やさしい味付けが樹里さんらしいです。ほかにもスープ、デザート、煎りたて挽きたてのコーヒーも頂いておなかパンパンに。

帰りがけに樹里さんがかけて下さった言葉が「ゆっくり、焦らず、楽しんでやっていきましょう」でした。不思議とそのときの私の気持ちにピタリとしたのを覚えています。

市内からは車が便利です。是非、予約をして訪れてみてください。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2010-01-31 11:48 | Kyoto & West cafe | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧