品物を探す時

みなさんはお店で品物を探す時、店員さんに訊ねることがあると思います。
私はそんな時、こういう対応をされると、
「またかこれか・・・」と少々残念な気分になります。

というのは、

例えば一通り自力で探しても見当たらず、おそらくないんだろうな、とは思いながら、
念のために店員さんに「〜を探していますが置いていますか?」と訊ねてみるとします。

その店員さんはすでに私の探し物の名前を聞いて「それはない」という表情をしてみせ、
一応あると思われる場所へ探す素振りはみせるのですが、
すかさず「ここになければないですね」の一言。大抵どの店もそれでおしまい。

ないのは分ってるちゅーの!ないから訊いてるの!

私が何を言いたいかというと、

「ない」と伝えた後の+アルファがあると訊ねたお客も嬉しいし、
お客をその日は手ぶらで帰すにせよ、
お店も客の心を少しは満たして帰すことに繋がるので、
その場&この先の結果としてどちらにとっても好影響、ということです。

要するに何が言いたかったかというと、

「今ここにはないけれど代わりのものを探しましょうか?」や
「こうしたらすぐに時間もかからず取り寄せられますよ」
「別の店ですが、〜に置いてあるのをみたので、そちらに寄ってみてはいかがですか?」

などなど。

もし自分がお客で、これを欲しかったらこうしてほしい、
を実践できる人が多い店がもっと増えてほしい、ということです。

そうすると買う方も嬉しいし、売る方も次に繋がる、と私は思う訳です。

口やかましい買い手ですが、そんな風に思っているひと、少なからずいるんじゃあないかな?
と思う今日なのでした。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2009-10-12 20:38 | 湘南&東 日々のこと | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧