ポテトスープが大好きな猫

c0038170_22253541.jpg本屋でぶらぶらと立ち読みをしていたらふと目に飛び込んできたタイトルとなんともいえないのどかなイラストに引き寄せられるように手にしたのがこの絵本でした。

村上春樹さんが訳しています。

一人暮らしのおじいさんと赤毛の猫のお話。二人はお互い気にもとめないそぶりをしながら毎日くらしているのですが、ある日ふとしたことが切っ掛けで猫が姿を消してしまいます。猫も大好物だったポテトスープを作りながら、猫のいない家に得意の釣りでとってきた魚をゆうゆうと持ち帰るのですが。。

消えた猫を探すも一向に戻らないまま。おじいさんは心にぽっかりとしたカラのようなものを感じているようなのですが、それはお話を最後まで読むとじんわり満たされる結末。素敵な温かいお話です。

私は猫という生き物が大好き。村上春樹さんも猫がとてもお好きでふと立ち寄ったブックショップに置いてあったこの本を手に取り、すぐに翻訳しようと決めたそうです。

それにポテトスープって言葉もとろりとあたたかくてコックリいろんな味が混ざり合ったような響き。それが大好物な猫なんて、いったいどんなコなんだろ?いろんなことがこの本を目にした一瞬で思い浮かんだ訳です。

短い絵本です。私はこれを見つけた本屋で松浦弥太郎さんのくちぶえサンドイッチも買った訳ですが、店の外へ出ると8月の暑い夏空が広がっていました。店先に置いてあるベンチでさっそく買ったばかりの本を読みふける。ふと通りに目をやるとそこは暑さに飛ぶような白。ああ、またこの夏が私に訪れた、って強く胸に轟くような嬉しくて哀しい想いがひとときに押し寄せてきました。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2009-08-31 22:51 | books | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧