夜に

姪と散歩。

7歳の小学一年生と、学校のああでもない話や、夏のこうでもない出来事の話なんかする。

夜の9時。

私の7歳の時はこんなに世界が見えてなかったような気がする。

私の7歳のときもやっぱり神様がとても近くにいたような気がする。

私が7歳の時はありえないくらいはしゃいだ夏の朝。異常な早起き。縁側で雨戸の開くのを待ってたミケ。緊張する祖父母宅へのお泊まり。茹でたトウモロコシにひいやり素麺。すだれは今も昔も真昼に下げて、みんなで昼寝。夕食後の花火。タオルケットをかけて眠る、冷房のそよそよと効いた部屋。

姪が過ごす夏に私という思い出が加わって、何十年後、また色とりどりの記憶とともに彼女がこの夏を思い出すんだ。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2009-08-12 21:44 | Shonan & East daily | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧