詩ってなんだろう

c0038170_21163548.jpg図書館で偶然見つけて借りた、黒田三郎という詩人が残した詩についての本。

想いが言葉になってカラダから勝手に飛び出してくるのをなんとかカタチにしたくて、それが私にとっての詩のあり方。それをもっと広げるための何かヒントになればと手にしてみました。

どんなものでも初めはきっと独りよがりで、それが回を重ねてどんどんと上達して、そして多くの人に受け入れてもらえる作品になっていくんだと思います。
まだまだ独りよがりな私の言葉を、先達の知恵を借りて少しでも研ぎすませていければ、きっと私の言葉ももっと違う味になる。

想いが初めにあって、それを何かとりあえず、何か一つのイメージを探り出す。そのイメージをずっと辿ると次の言葉と映像が現れて、それをずっと追ってそうして気がつくと一つの詩が出来ている。それが私のやり方。そんな時はすごく集中しているので、目は開いているけれど、目の前のものはまったく見えていません。別のもう一つの世界に自分を置いてくる感じ。

現代詩と呼ばれるもののなかには、私には向かないものもたくさんあります。無数に散らばる言葉の羅列が時に私にはうるさ過ぎて、見えてこないように感じるのです。

書き手の想いをもっと見せてほしい。私たちのところまで下ろしてほしい。これが自分流といわれればそれまでだけれど、私は出来ればシェアしたい。

自分の言葉がその手を離れて誰かの言葉に溶け合えればこんなに嬉しいことはない、と書き手としては思うのです。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2009-07-27 21:42 | Shonan & East daily | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧