なかなか良いなと思う本3冊。

c0038170_21223934.jpgc0038170_212255100.jpg
c0038170_21231287.jpg
ゆるゆるマクロビアンなので野菜料理が好きなのは勿論ですが、仕事柄野菜を扱った本はいつも気に留めてチェックしています。昨日図書館で借りてきた本はどれも当たり。これからも何度も読み返したくなる本でした。

「京の味と季の心」どこかの紹介に「武者小路千家で育った母娘が、茶の湯をとおして身につけた快適に暮らす知恵と、京都の旬の食材でつくる懐石料理を案内」とありましたが、懐石料理の紹介よりも旬の(ハシリという意味でなく)さりげなくも滋味深い京の食材をあれこれ手をかけ過ぎず、さらりと誂えた料理が愉しい。これを読むと食事から季節を楽しむ、季節を食事に取り入れて楽しむということをもっとしたいなと思いました。炊きたてのごはんにおしょうゆをちょっとたらして、柚子をぎゅっとしぼったものが紹介されていたのですが、なんと潔い柚子の楽しみ方だろう!とびっくりしてそして無性にそのごはんが食べたくなりました。間違いなく美味いよ。

「野菜をどうぞ。」は、小田急に乗っていると世田谷代田のあたりで、小さな「七草」という趣ある小さな看板を持つお宅がある坂道を通りかかるので、どんなお店かすごく気になっていたのですが、そのお店のオーナー前沢さんが出している本だと知って嬉しい驚き。和を礎とした切り口の新しい野菜料理、という私もチャレンジしている分野でお店をされている方のようです。是非食べに行きたいと思います。和+野菜といえば有元葉子さんの料理も好きなのですが、有元さんのとも違った、やり過ぎずほど良い加減の料理のあれこれはとても才能を感じます。

「野菜の選び方、扱い方」は築地で青果店「築地御厨」を営んでいる元シェフ内田さんのご本。適当でもそれなりに出来てるつもりが、やっぱり基礎というものはあり、それを押さえるかそうでないかで差がでてくることをしっかり教えてくれている本だと思います。うん。我流もいいけど、先達の言葉にもココロして耳を傾けよう<自分。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2009-05-29 22:01 | books | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧