BR*ブレインリアリティ

最後は意識(無意識というか意識の根幹、潜在意識でしょうか)が肉体をコントロールするのだそうです。私の大好きな先生がいつもそうおっしゃられ、意識をコントロールするその指導もなさっています。

そんな指導のなか先生は、自分が今いる場所を想像させ、まわりに何が見えるかそこはどこか、自分はその中で何を感じるか、またそのビジョンでは自分が見えるか否か、そういったことを目を閉じさせて参加者に問いかけます。本来ならば自分がその空想している場にいるはずなので自分の姿は見えないはず、そして出来るだけその世界に集中させ、そして良い状況にいるという想像に自分を持って行かせることが重要だとお話しされます。日常生活でもネガティブな発言をしない、良いイメージをし続けるといった訓練を続けると、困難に直面したときの対処力が格段に上がり、また体の免疫力も高まるので、病気が治りやすくなるのです。

私もそのイメージングをしてみました。これは私のいつかそうだったずっと以前の記憶のイメージなのですが、じっとり煙るような雨がサラサラと降る、大きなジャングルのような森を歩いていて、雨のしずくに濡れる木々の葉を踏みしめ掻き分け進んで行くと、とても背の高いそれは立派な杉の木に出会うのです。私はそれがセコイア杉であることを知っていて、知らずに進んでいたはずの森へは本当はその杉に逢いに行くためなのに気がつきます。セコイア杉はずっと私を待っていて、逢いたかったと知らせてくれる。私は嬉しくて木肌に額を寄せてそして根元に腰掛け、サラサラと降る雨を見上げてほっとする。

私はいつも自分がイメージングをしていたんだなと先生のお話を聞いていてハタと気づきました。時々、昔や今、これからの自分に起こった出来事、起こるかもなという事を想像するのですが、どこでも没頭してまうくらいその世界に入り込んでしまいます。それはスイッチみたいなものですぐにハッと今ある自分を思い出すのですが、想像している間はまるでその世界を目の前に見ているようです。目も閉じずにするりと入ってしまうから、不思議。世界はいくつも実存していて、ココにいる自分以外の、想像だと思っている別の世界でも私が確かに存在しているんじゃないかな、と思うことさえあります。鏡の国のアリスは、おとぎ話ではないのかもしれない。

さっきの電車の中でも別のイメージングを試してみましたが、これはまた明日。イメージは自分がほっとするような嬉しくなるような、今よりもっともっと良くなるようなことをするのが大切。想像は具現化できるのですから。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by pieces_Yoshino | 2009-04-18 22:25 | Shonan & East daily | Comments(0)

湘南・寒川町で旬の地場野菜を使った精進弁当「黒猫」を営んでいます。お届けしている精進弁当情報 や、店主の日々あれこれを載せています。「想い、言葉、行為」をたいせつに。人が生きる本当の道は、真理を知る事。お志事を通して社会や人類のお役に立たせて頂きたいと切に願っています。大好物は、笑顔!


by 黒猫:Yoshino_FUJISAWA
プロフィールを見る
画像一覧